このページは21ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
21 / 33ページ



今思えばあの時の状態は自分でも気づかないうちに

涙が溢れている、といった感じで

かなり精神不安定な状態だったと思います。




もともと持っている自律神経失調症に

うつ病がプラスされ、

体に加え心にも異変が生じている状態でした。




"母から逃げたい"




ただそれだけの思いなのに

なぜ自由に生きさせてくれないのか?




その人の悩みというのはその人本人にしかわかりません。




私の中で複雑に絡み合う悩みに押しつぶされそうになり、

本当にこの時は "死にたい" と思うようになっていました。




その状態を見かねた伊丹先生が


伊丹先生
お父さんとお母さんと私で一度話してみるね



と動いてくれることになりました。






続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①