このページは27ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
27 / 33ページ

未だに骨になってしまった父をことを思い出すと

涙が溢れます。




こうして大好きだった父は、

母と私を和解させ、家族を一つの方向に向かせた次の日に

この世を去りました。



60歳という若さでした。





お葬式の後


父が亡くなった日から一週間ほどは会社に休みをもらい、

母と共に実家で過ごしました。




お父さんが大好きだった母は、

食事も喉に通らず急激にやせ細り、

私もただただショックで、もはや母と争っていたことなど

どこかに吹き飛んで妙に冷静になっている自分がいました。




自律神経失調症に加えうつ病を併発し、

その中で突然やってきた父の死。




前日に私のために父と母が見せてくれた

初めての家族の明るい未来、そして次の日の父の死。




運命のいたずらを恨みました。




続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①