このページは29ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
29 / 33ページ

それは "父の死は私と無関係でないこと"




この時はぼやーとしかわかりませんでしたが

その後の人生の節々で "父という存在" が、 "父の死" が

私を何度も助けてくれることになります。





父の死が私にもたらせてくれたもの


父の死から半月が経とうしていた頃でしょうか?




少し冷静さを取り戻した私はふと気付きました。

それは



"私の母を見る目が180度変わっていた"

ということ。




それまでの強く見えた母はどこかに消え、

非常に小さく見える母。




それと同時に思ったことは、父の代わりをできるのは

私しかいないということ。




これからは母は私が父の代わりに守っていく。

一人の女性として自立し、父のように生きよう。




続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①