このページは3ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
3 / 33ページ



心配になった私が家に戻ると、

私がいなくなったことにさえ気づいていない母が、

兄二人に宿題をしないことを叱っているのを見て




「母は私に関心がないんだ。」




と子供心にとても悲しくなったのを覚えています。




小学校に入学してからも

母の私に対する態度は変わらず、

私は母の愛情を欲したまま、

母に振り向いてもらいたいという思いは

どんどん強くなっていきました。






自律神経失調症を発症し入院


そんな愛情不足を一気に思い知らされる出来事が起きます。

中学一年になった時のことです。




私は中学入学2日目に急性盲腸炎を発症し、

緊急手術を行うことになり

そのまま入院することになりました。




お腹は痛かったですが、

母に心配してもらえる良いチャンスと

期待していた私でしたがそこでも母は、


続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①