このページは7ページ目です
1ページ目から読む

23 min read

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

Picture?width=400&height=400
著者:
倉地 加奈子
7 / 33ページ

私がその後、約15年以上にわたって

付き合うことになる "病気が発症したその時" でした。




当時は "自律神経失調症" や "うつ病" などの精神疾患が

今ほど耳にすることも少なく、

母にとってはよくわからない病気により私が入院することに




「もう本当に格好が悪いわね。」




と嘆いていたのを覚えています。




私の自律神経失調症に気づいてくれたその先生は、

伊丹先生(仮名)という方で、

子供の心の病気を専門とする先生でした。




「これからは子供の精神疾患がどんどん増えていくから

私が世の中の役に立ちたい。」




とおっしゃっていて、

まるで現代の子供の現状がこうなることを予測するかのような

先見性を持った素晴らしい方でした。




この先生と私は病気を克服するまでの間、

約15年以上にわたり、ずっとお世話になることになります。




そして病気が治った現在でも

連絡をとらせて頂いているという私にとっては

続きはこちら

大手住宅メーカーを辞めパン講師として独立その後パン屋さんを開業した話①