聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

1 / 2 ページ

最近50円ブログを起業しました、聞こえないブロガーのそーたです。

どんなブログかというと、50円で何でも屋としてご依頼を引き受けて、そのご依頼をネタとして記事を書くという感じです。

なぜこのようなブログを起業したのか、経緯を書こうと思います。

中に起業を考えている人がいたら、参考にもなってもらえばと。

長文になりますが、最後まで付き合ってくださいませ。

去年のちょうどいまはアメリカ大使館関連のTOMODACHI障害者リーダー育成ボストン研修に応募してたころです。


TOMODACHI 障がい者リーダー育成米国研修

http://usjapantomodachi.org/ja/tomodachi-disability-leadership-program-at-umass-boston/


一応採用されたのですが、開催側、特にコーディネーターとの研修のあり方や企画の取り組み方(たとえば、応募の指示に従って自分のやりたい企画を考えて提案したのに全部ボツで自主性を尊重してくれなかったりとか)などでいろいろズレが起こり、5月には採用取り消しになってしまいました。

それまでアメリカに行ってそのあと今まで想像もしたことないような企画を成功してくるぞってもの凄い盛り上がりようだったんですが、採用キャンセルで萎えて、前やってたブログにも手つけられなくていろいろ迷走しまくってました。

その間、手話の家庭教師という起業にも挑戦しましたが、ターゲット先を間違えたのか、ビジネスを間違えたのかいつの間にかフェードアウト。

おかげさまで起業とは何か意識するいいきっかけにもなりましたが。

そのあとはアウトロー採用っていう従来の就活のあり方を変えた採用にも飛び込んでみました。


アウトロー採用

http://outlaw.so/


一泊の合宿で一橋の大学院に通ってる人からユダヤ教を信じている心やさしき慶応ボーイ、ヒッピーっぽいバックパッカー、中学時代に今の日本代表香川選手と県選抜同士で試合しボコられまくった元自営業マンなど多様な人々と会ってきました。

合同企業セッションではお菓子を食べてリラックスしながら人事さんや社長さんと「教育と洗脳の違いは?」みたいなおもしろいテーマについて語り合う一方で採用側が前もって企業名を隠すとか。

社長さんが参加者を引き連れて食事やお酒をじゃんじゃん奢ったりも。

アウトロー採用は定期的に開かれるのですが、ひとつのプログラムだけでもドラマや映画になってもいいくらい面白い経験でした。

しかし、面白い経験をした一方で、何人か社長さんとは気が合いましたが、雇うとなると別な話のようで。

やはり自分は雇われる柄でなくて起業するしかないと。

起業のネタをいろいろ考えました。

手話に何かを掛けることを中心に。

アントレプレナーの神様 マイケル・E・ガーバーに何か少しでも授かりをいただこうと本を読んでみました。

たしかに起業熱に浮かされるとか、自分が働くのではなくビジネスシステムに働かせるとか、インパーソナル(自分でなく相手を考える)な夢今までにない考え方があって面白かったです。


マイケル・E・ガーバーの著本一覧

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BBE%EF%BC%8E%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC/e/B001I9OR5G


一方、それでもアイディアがなかなか湧いてこなかった。

彼の書いた本の欠点を挙げるとすればそれくらい。

そこでアイディアを考えるところから置いといて、まずは人に会おうということである人を思い出しました。

それはバチカンの法皇にお米を献上したスーパー役人の高野誠鮮さん。


高野 誠鮮氏の記事

https://an-life.jp/article/609#/page/1


本人に会って何か少しでも知恵を授かろうとコンタクトを試みました。

一回は返信が来てくれましたが、多忙なようでフェードアウト。

みんなの読んで良かった!