キミは「レオナルドダヴィンチ」ではない!

1 / 3 ページ

キミは「レオナルド・ダヴィンチ」ではない!

  何かを得るためには、何かを捨てなければいけないことがあります。これから手にいれようとするものが自分にとって価値があるものなら、失うものへの名残惜しさも小さいはず。              (スティーブ・ジョブズ)
         
 私がここで何かを書いても、ほとんどの人は
「けっ!田舎の塾講師ごときが何をほざく」
 という反応をする。だから、私はしばしば有名人の言葉を引用する。日本人は、有名人の言葉に弱い。
 上記のスティーブ・ジョブズの言葉も同じ理由で引用させてもらった。もう少し、有名人の例を利用させてもらいたい。中学生や高校生でオリンピックに出る子も多いが、彼ら、彼女らの日常生活はどうなっているのだろう。
 スケートの選手なら、毎日の生活は食べるものから練習までほとんど全てがスケート中心に組み立てられているはずだ。スケートの練習のために、多くの中学生や高校生が行っている受験勉強やクラブ活動は生活の中心ではない。
 本人はそう思っていないかもしれないが、スケートのオリンピック選手になるために勉強やクラブや、時には恋愛も好きな食べ物も諦めなければならない。捨てなければならない。
「スケート」の画像検索結果
 ところが、学校の教師は「クラブと勉強の両立」という、きわめて面白いスローガンを掲げる。一流のアスリートや、一流の漫画家、一流の音楽家、一流の学者をめざす子なら、あまり掲げない目標を押し付ける。
 なぜなんだ?
 ここ三重県では、校内の学力順位を本人に教えない。競争をあおるからと説明をされる。しかし、言うまでもなくオリンピックも、受験も競争だ。相対評価だ。どんなに頑張っても、自分以上の得点をとる人がいたら、負ける。
 学力順位を否定し、偏差値を否定し、業者テストを否定するから、受験者数が激減し、三重県で唯一だった受験者の多い業者テスト「三進連」が昨年(2016年)倒産してしまった。生活がかかっていただろうに、教師のせいだ。
 教師は、視野が狭い。大学から学校に赴任する人が多いので、学校以外の世界を知らない。だから、社会では「何かを得るために、何かを捨てる」ことが常識なのに、何もかも必要だと教える。バランスが大切だと教える。クラブと勉強の両立が必要だと教える。

みんなの読んで良かった!