あらすじ

1 / 25 ページ

後編: 【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

父子家庭として生きることになったのは、平成17年のことだった。

そのきっかけは、よくある夫婦の揉め事の末に決めた「離婚」だったのだが、その際二人の子供たちは僕が引き取ることになった。

理由は「私には他にやりたいことがある、だから子供の面倒は見られません」というものだった。何度かの不毛な話し合いの末、家を出ることになった妻は、その後戻ることは無かった。

突如としてわが身に降ってわいた、この「父子家庭」という生き方は、30歳という働き盛り、自分の人生という物を真剣に考えるのならば、一番重要なタイミングで突然に強いられる事となった。

父子家庭として子供二人を育てるという生き方に対して、当然何のビジョンもない。

それは、たった一人、男手一つで子供二人を育てるという生き方が、一体どのようなものになるのか自分でもよくわかっていなかったからだ。

離婚調停の際に「男が子供を引き取って育てるのは無理だ、奥さんに引き取ってもらえるよう頼んでみなさい」と何度も説得された。

それは、後日知ることになるのだが、平成17年18年当時は、父子家庭という生き方そのものにスポットが当たっておらず、支援策としての法も整備されていない状態。

父子家庭に一切の支援は無いと、市役所の児童福祉課の職員に言われ、唖然としたのは父子家庭になって数カ月が過ぎたころだった。

僕には両親がいない。

僕が小学校2年生の時に定年退職した父は、その後酒に溺れるようになり、毎日正体もないほどに酔っ払っていた。

夫婦喧嘩が絶えない家庭で幼少期を過ごし、半ば逃げるように家を出た18歳の春からほとんど会うことも無かった両親は、僕が父子家庭生活を強いられた僅か数か月後に、立て続けに亡くなってしまった。

死にゆく両親の最期を整えるべく、一つ上の兄の命令により、水戸の借家住まいから隣町の実家に転居していた。

長年病気で入退院を繰り返していた老夫婦の住処は、人が住まなくなってから荒れ放題で、とにかく誰かが転居してきて、家としての体を保たなければ、両親を自宅に戻してやることもままならなかったのだけれども、兄弟の誰もが出来ないといったから、なし崩し的に僕の役目になったのだった。

その甲斐があったのか、両親の亡骸を長年住み慣れた自宅に戻してやることも出来たし、出来の悪い息子であり親に迷惑をかけ続けて生きてきた僕だったけど、最後の最後でようやくほんの少し親孝行ができたような気持にもなれたから、これで良かったのだと思っていた。

みんなの読んで良かった!