フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出③

前編: フレッシャーズ最初の関門【飛び込み名刺交換】の思い出②
後編: フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出④

ついに迎えた、当日の朝。



あいにくの雨だった。出発前に、新入社員13人が会議室に集められる。

一日の流れや注意事項、緊急時の対応などが人事から言い渡される。


その後、「やるからには本気で取り組む」という弊社行動指針のもと、1営業マンとして、それぞれが名刺獲得の目標枚数を宣言するという儀式が行われた。


ちなみに、ここで宣言する目標は、自分で自由に設定して良かった。


しかし、ここで問題があった。

13人全員が飛び込み名刺交換を初体験のため、誰ひとり目標の適正値を知らなかったのである。


・会社の役員、Hさんは飛び込み名刺交換の社内レコード保持者で、2日間で60枚獲得した

・リクルートの新入社員は2日間で100枚以上、獲得してくるよう言われているらしい


そんな曖昧な基準しかなかった。


あいにく、序盤で宣言をすることになってしまったわたしは、他の同期たちの出方を伺うこともできないまま、とっさに知っている2つの数字の平均値を口にしていた。


わたし
80枚獲得してきます!


一瞬で、場の空気が凍ったのがわかった。

人見知りなのに、目標枚数を盛りすぎてしまった…。


無謀なこと言ってるって思われているだろうな~。

うお~、やばい~。


営業は、結果がすべて。


儀式は、人事のその言葉で締めくくられた。


「やるからには、本気で取り組む」

営業マンとしての「本気」とは、自分の数字に責任を持つことである。

自らが宣言した数字に誠実に、達成のためだけに行動をしなければいけない。

「未達は悪」とまで言われた。


社会ってキビシイ…。


数字を「背負う」感覚を味わったのは、このときが初めてであった。


やれるかどうかじゃない、やるしかないんだ。

こうして、すさまじいプレッシャーを背負い込み、波乱の飛び込み営業研修は幕を開けたのであった。



ちなみに後日談。

当時、私たちの採用研修を担当していたリクルート出身の人事から研修後に聞いた話。


人事(リクルート出身)
1日に30枚、2日間で60枚が合格ライン。


まじか。


続きのストーリーはこちら!

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出④

みんなの読んで良かった!