ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

1 / 6 ページ



ねぇ、私たち、一日中ずっと、、、





はじめまして!


フリーランスのWeb屋さんをしている、タカハタと申します。

Webサイトを作ったり、企業へのコンサルをしたり、プログラミングをしたり、、、

PCと己の身ひとつで仕事をする、いわゆるノマドワーカーをやっています。


そんな僕も、何年か前までは、フツーに企業で働くサラリーマンでした。


ところが、うっかりブラック企業に転職してしまったことを機に、体調を壊して会社をクビに。

社会からハジき出される形で、やむなく独立・フリーランスになりました。


今回はその、社会からハジき出される直前の話。


ブラック企業での勤務をかろうじて支えていた僕のメンタルが、儚くも散った瞬間のことを書こうと思います。


「定時は9:30-20:30です」




ぼくが駆け出しのエンジニアだった頃、うっかり転職して入ってしまった企業は、いわゆるブラック企業。


それも、「うちはいつまでもベンチャーだ!」みたいなことを触れ回り、それをブラック労働の免罪符にしている「自称ベンチャー(笑)」のしょーもない会社だった。


そこでは、創業社長であるCEOを頂点とした一種の宗教みたいなノリが色濃く、仕事第一、ハードワークを是とする社風が支配する世界。


入社初日に人事に言い渡されたトンデモ制度をちょっとだけ紹介すると、


定時は9:30-20:30です。

・自分の頭で考え抜いて欲しいので、Google検索は禁止です。

・自分の頭で考え抜いて欲しいので、業務時間中、他の社員との会話は禁止です。

・乗っている電車が遅れようと、止まろうと、遅刻は認めません。1秒でも間に合わなかったら、その日はすべて欠勤扱いにします。


などなど、今になって冷静に見てみれば、21世紀とは思えない前時代的なバカバカしいルールにまみれたヘンな会社だった。


みんなの読んで良かった!