標準体重の女子高生が18kg減量したその後18年の人生

1 / 6 ページ

減量したら周りが、世界が羨望の眼差し?

※※※ 自分の経験と聞きかじりだけで書いていきます。 ※※※

摂食障害で苦しんでいる人へ、孤独ではない事、助けを求める事を諦めないでほしいと思います。

随分長い年月、老若男女が不要なダイエット、痩せ願望であふれている事がとても危険だとも思う。


人生を通して無駄になる事はどこにもない。経験、出会いは全てが財産になる。

今の私は17歳の時とほぼ身長は変わらず、身長に対する標準体重と言われる数字に、ほぼ近い。

あの減量は反抗期の爆発を自分に向けた自傷行為の一種だと思っている。

家族をもっと信じて、ぶつかれば良かったのだ。


17歳の正月、私は芋栗南瓜が大好きな少女だった。

中高通して文系、と言うか帰宅部に近いのに瞬発力だけはあり、毎日天井に向かって、柳の下で跳ぶ練習をしている蛙のような事をしていたおかげで、

確か垂直飛びと太腿周りは64cmあったと思う。

毎日家でゲーム三昧だったのに50m走も7秒14だった。

当時の自分に言ってあげたい。

今の私
陸上部入りなよ。もっと自分に自信が持てるようになるよ。
あー、勿体ない‼

年齢相応のちょっと肉付きの良い自然な可愛らしさがあったなと、当時の写真を見て思う。彼氏だってその気になったら作れるん違うかー?

興味も自信も無かったから仕方ないけど。


この年は家庭科の宿題で大好きな栗きんとんと、松笠焼きを年末自分で作った。

正月は栗きんとんをもう一口、もう一口と5人分平らげたのを覚えている。

そして、体重計に乗ってみると、驚愕の数字。正月で3kgくらい太った。

鏡を見ると悩み多き自分の姿があった。


17歳の私
よし、減量しよう!
春になったら毎朝走るぜ!
食事も自分でコントロールするぞ!
痩せたら綺麗になるぞー♫

当時nonnnoというファッション誌にハナと言うモデルがいて、超憧れていた。

毎朝のジョギングと無茶な食事制限の結果、

瞬発力を捨てて、持久力が付き、平常血圧が低くなった。

もともと不順だった生理が無くなった。

母が婦人科に行けと言ったのは、もっと痩せようとする私を、母ではどうする事も出来なかったからだろう。病院の先生の言いつけなら治るんじゃ無いかって思ったのではないだろうか。

婦人科の主治医が「体にも脳にも良くない。もっと食べないと将来赤ちゃんが産めなくなる。」と警告したが、体は前よりも鍛えられて毎日走れるし、勉強もして点数も取れているし、結婚する気もないし、子どもも産む気がない10代の少女の耳には右から左の言葉。

それよりも、体重計に乗る度に思った通りの結果が出て、モデルのハナちゃんに近づけた気がして気分が高揚した。

ジーンズを買いに行けば店員に細さを褒められた。

デパートで服を買えば入らないパンツは無い。

今までは、太腿が邪魔して何にも似合わなかったのに〜、超楽しい!


そして、エスカレート。

モデルと同じ、いや、身長が10㎝くらい低いからもっと痩せなきゃ。そうだ!食べる物をキャベツとコンニャクだけにしたらどうだろう!結果がでるぞ!

大学に行った後、どうありたいかなんてのも無かったし淡々と勉強し過ぎて喜怒哀楽、人の感情も忘れた。高校ではとうとう、一切遊ばなかった。

17〜19歳の間で18kg減量し、大学に合格した18歳の春。体脂肪率11%、毎日10km以上ジョギングをしていた。お尻は座ると骨が当たってアザが出来ていた。体重の割に骨が浮き出るのが早かった。骨が太かったせいもある。当時は骨が浮き出ている事は素晴らしく美しく見えた。

勉強も減量もやって自分は成功していると思った。

街でエステのテッシュ配りのお姉さんが声をかけてきて、骨皮すじ子な腕を触って

「羨ましいー」と言って来たのをおぼえている。

みんなの読んで良かった!