おばあちゃんのドライバーは早稲田卒

今日も高齢者を乗せて車のハンドルを握る。いつもの道、いつもの街路樹、いつもの保育園児の登園風景。抜けるような青空を見ながら私は昨日の秋分の日のことを考えていた。

秋分の日、天気もよかったのでまたしてもサイクリングを決行。大泉学園から富士街道を西に進み、西武線武蔵関駅の横の踏切を横切り青梅街道へ出る。

そのまま青梅街道沿いに三鷹方面に進み、伏見通りを左折。武蔵野北高校や武蔵野中央公園の横を通って中央線の高架をくぐると三鷹市内に入る。なおも調布方面にまっすぐひたすら走るとまもなく神代植物園へ到着。今日の目的は深大寺のそばなので植物園には入らず、ひたすら蕎麦屋を目指す。深大寺の門前にはたくさんの蕎麦屋が並んでおり秋分の日ということもあり行楽客で賑わっていた。

大師茶房という名前の蕎麦屋に入り冷やし山菜とビールを注文。片道1時間のサイクリングだったので、のど越しの一杯はうまい!食後は門前の店をぶらぶらのぞきながら散策。水木しげるのきたろう茶屋にはいる。クリームあんみつを注文すると小さなおもちが入っており、それは目玉おやじということだった。帰路も同じルートを辿り、往復4時間半のサイクリングとなった。

みんなの読んで良かった!