ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

1 / 4 ページ

こんにちは。

菊地です。


今日は福岡のほっこり社長こと

大久保社長に教えてもらって感銘を受けた話。


普段はマサさんと呼ばせてもらっているので

ブログでもマサさんと紹介させてください。





マサさんは僕が運営に関わらせてもらっている

宝地図マスターの会員さんです。

現在福岡にて、アースウェルという会社を経営されております。



アースウェルでは、福岡県を中心に

環境衛生事業(衛生管理)

福祉事業

保育事業



と三つの事業を展開されており

従業員さんも48名。



昨年末ですが福岡に行った際

二人で屋台に行きました。




僕はそこで質問したんです。



菊地:

きくち
まささん、
起業してもう20年になると思うんですけど

そもそもどういう経緯で起業したんですか?
なんでそこまで会社大きくできたんですか?
まささん
実はね、30歳で起業しようと思ったんだけど

そのキッカケはね
ソフトバンクの孫社長なんだよね。

29年前かな。
20歳で東京に出てきて営業してた頃さ

たまたま、ビジネス雑誌で
孫さんを見たんだよね。

当時孫さんが30歳くらいだったかな。
「異端児」って特集されてて

その当時でも年商160億いってたね。
きくち
ほうほう。それでそれで?
まささん
それでさ、会って話を聞いてみたくなちゃって
当時九段南ってところにある
孫さんの会社に10回以上通ったんだよね。
きくち
え?通った?急に行ったんですか?笑
まささん
そうだよ。笑

社会人1年目か2年目で
何もしらなかったから
「すみません。孫社長に会いたいんですけど、
会わせてください」って。笑
きくち
それすごいですね!!笑

でも・・・・無理ですよね?笑
まささん
うん、普通に無理だった。笑

受付にね。「無理です」って。
きくち
そうだと思います。笑
まささん
まささん:
もう10回以上断られてたからさ
さすがに諦めようかと思ってたんだけどね。


ある日床屋に行ったのよ。
そしたら置いてあったビジネスジャンプにもまた
孫さん特集されててさ、読んでたら「どうしても会いたいなー」って
なんかワクワクが止まらなかったんだよね。



それで床屋から寮に帰る途中、本屋にヒントを探しにいったんだ。困ったら本屋に行くといいよ。笑

なんとなく本棚を見てたら1冊の本に出会った。
「1枚のハガキでお客様を感動させる方法」
っていう本。


「お?」と思って立ち読みするとね
手紙は受付に断られず、
社長室まで確実に届きます。


って書いてあったんだよ!。


もうこれだ!!
もうこれは僕のために書かれてる!
って思ったね!


そのその場で本を立ち読みして、
手紙を書くことを決めたんだ。

「手紙の書き方」って本を買ってね。

帰りに文具屋さんで便箋と万年筆を買った。
社長さんに手紙を書くから、
万年筆だな!と思って。

一生懸命手紙を書いたよ。
きくち
1冊目の本は買わなかったんですね。笑
なんて書いたんですか?
まささん
アイディアは立ち読みでok!
もっと大切なのはマナーだと思った!


金なくてさ、一冊しか買えなかったしね
書いた内容は全部は覚えてないな・・・


社会のことをなにもわからないので
人生の教訓を教えて欲しい
ぜひ孫さんの生き様をきかせてほしいって


そのまま想いを語ったよ。
きくち
それで、お返事きたんですか?
まささん
会えることになっちゃったんだよ!
秘書に話を通しておくので
会いましょうってね。

手紙効果恐るべしよ!

会いたい人いたら、手紙書くといいよ。笑
きくち
それで会ってもらえるって
奇跡に近いですよね?


今ソフトバンクって
たしか売り上げ9兆ですけど


当時で160億ですよね。
授業料にしたらとんでもない額になりますよ。
まささん
本当そうだよね。
これ後で知ったんだけど、

孫社長も高校生の時に、成功者に手紙書いて
会ってもらって勉強したりしてたみたい。


今でも思い出すよ。大きな社長室に二人だけさ。
すごく緊張した。心臓バクバクだったね。
きくち
そこでどんなやり取りがあったんですか?
まささん
簡単にいうとね・・・・


孫さん:

今日は来てくれてありがとうございます。

あなたみたいに意欲の高い人と会うのはすごく嬉しい。

私も若いころ、先輩たちに応援してもらえたから今がある。

みんなの読んで良かった!