大学生のPHS事情についての座談会の思い出

1996年。横浜の大学に通っていた僕はクラスで唯一PHSを所持していた。
クラスメイトからは「さすが東京の人は違う」などと煽てられ、最終的には「ベル打つから貸して」と、僕のPHSはみんなにいいように使われていた。特に電話してないのに、それなりの請求が毎月きていたが、PHSを持っているという優越感はなかなかのものだった。

夏。友達から「PHSに関する座談会に参加しない?」と誘われた。グループインタビューというやつで、1時間くらいディスカッションするだけで謝礼が1万円ももらえた。大学生にとってはこの上もない割りの良いバイト。二つ返事で座談会に参加することを伝えた。


座談会当日。指定された場所に集まったのは、僕を含めて5人の大学生。3人がN社、僕ともう一人がD社だった。その他、司会の方と関係者風の方がいた。

ディスカッションが始まった。「どんな時に利用しているか」や「どれくらい利用しているのか」「周囲の所有率は」などについてざっくばらんにディスカッションが繰り広げられた。

司会の方が「この中にはA社を使ってる方はいないんですねぇ」と振ったものだから、大学生達は一斉に「だって歩いているだけで伝播が切れる」「そうそう、電波悪すぎ」「CMすげー流れてるけど、そのお金でアンテナ作ればいいのにwww」などと話しだした。1時間のディスカッションの中で一番盛り上がった場面だった。


「ではこれくらいでディスカッションを終わります。今日はありがとうございました。」と司会の方が言い、大学生一人一人に謝礼の入った封筒を渡した。


封筒の中に明細みたいのも入ってた。主催社の欄にはA社の名前が書いてあった。


大学生5人は「あっ」という表情をし、司会の方の横にいた関係者らしき人と目を合わせないように、そそくさと会場を後にしました。

もらったお金で、その日発売だったスピッツの『渚』のシングルを渋谷のタワレコで買った。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の大柴 貴紀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。