仕事を辞めようか本気で悩んでいる方へ。応援しています!まず読んでみて下さい!

わっっ!開いて頂き、ありがとうございます。

開いて下さったあなたに、少しでも役に立てますように…


社会人 4年目の私。仕事もプライベートも順風満帆。

そんな私にある日、幼いころから抱いていた夢を叶えるチャンスが、ふっと舞い込みました。

(この経緯は、また別で書きます!)


「今!やりたい!今しかない!」


ただ、現実を見渡すと社会人の私には…

・役職がついている

・そして、なんと異動が 3週間後に迫っている


「うわ……辞められない、どうしよう…」

「でも、夢を叶えたい!!」


いろいろありましたが、その 2週間後に退職をしました。

大変だったこと、学んだことを書きます。

ググっても、同じ状況の方がなかなかいらっしゃらなかったので、お役に立つとうれしいです。


◆こんな悩みを持っている方に読んでほしい!

・初めて「退職」を経験する方

・状況的に「円満退職」なんて無理そうな方

・実は、転勤が決まっているが辞めたい方

・役職もある立場だが、今、辞めたいと思っている方


◆退職に重要な 2つの準備

①計画

これ、私は全くなかったですが、可能な方はぜひ計画的な退職をおすすめします。

・こっそり仕事の引き継ぎ書を作成しておく

・少しずつデスク周り、社内 PC内を整理する

・有給が何日残り、どのくらいのペースで消化していくか検討する

・上司に伝えるタイミングの計画

・ (寮や会社付近にお住まいの方 )引っ越し先や、引っ越し業者の手配


「事前に周りの社員に相談をしておくべきか、してもいいか」という話が、よくネットでも書かれていますが、私は「言わないほうが無難」だと思います。そういう話は、日頃から控えたほうが安全です。

理由は、在職者に迷惑をかけないためです。辞める際には上司から、「辞めることを誰かに相談したか?」と聞かれます。そのときに「○○さんにしました」なんて言ったら、上司の怒りを買うでしょう。なぜなら、「仕事を辞めたい」という話は、会社にとっては不利益そのものです。会社のモチベーションを下げる行動であり、会社にとっては迷惑極まりない行為です。なおかつ、相談した相手への上司の見方も変わる可能性があります。「あの人も辞めたいと思っているのでは…?」と。その方の評価にも影響がでる可能性があるため、避けましょう。


②サポーター(できれば社内・社外どちらにも)

退職が決定となるまで、何度も心が折れます。

特に会社から期待をされている人材であれば、あるほど。

そのとき、自分を心から応援して下さるサポーターの存在は非常に大きいです。

家族、友人、パートナー…、自分の気持ちを素直に言える方にこの際、たくさん甘えて下さい。

私も毎日、毎日、この応援団の皆さまに支えてもらいました。

味方がいてくれる、だから私も頑張ろうと何度も意を決することができました。


また、社内のサポーターについてです。

先にお話しした「社内では相談しないほうがいい」という話と矛盾しているのでは…?

と思われますよね。


もちろん、言わないほうが無難ということに変わりはないです。

ただ、退職が決定した後に「やっぱり退職か」と思われるか、

「退職しても、新しい環境で頑張って!」と思われるのでは全く心が違いますよね。

後者のサポーターをぜひ、増やしてください!

そのためには、日頃からの仕事に対する姿勢と人間関係の構築が大切になります。


◆最後は「絶対辞める」という覚悟

準備が整えば、あとは自分の信念・覚悟に対してぶれないこと。

最終的には、「会社は何とかなるもの。私の人生は会社が面倒を見てくれるわけではない」と腹をくくりました。


ですが私は、とにかく辞めるタイミングが会社にとって悪く、誹謗中傷がありました。

「慰謝料を請求したいと思っている」

「あなたのこういう性格が悪い」

「内定先にも電話かけてやる(本当にかけられました)」

「あなたの出身校からは、もう採用しない」

(残念ながらこれらの言葉を言われたからこそ、絶対辞めてやるという気持ちが強まりましたが)


何度も、泣きました。

・自分の身勝手な話で、いろんな方に迷惑をかけてしまっている申し訳なさ

・叶えたい夢が届きそうで、簡単に手に入れられない悔しさ

そのたびに、サポーターの応援団に励ましてもらいながら、前に進みました。


辞めなかったほうが、どんなに楽だっただろうか。と思います。

けれど、辞めなかったほうが一生、後悔したとも思います。


◆応援して下さった方へ感謝の気持ちを忘れない

退職したときは、清々しさはありませんでした。

心の中には「申し訳なさ」が残っています。

(だからこそ、これを読んでくださった方には円満退職を目指してほしいです。)


ですが、無事に次のステップへ向かおうとしています。

今は、支えて下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。


以上です。

ご一読、ありがとうございました‼︎



著者のRi RIさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。