大学生で重度のアトピーになった僕の復活劇①

1 / 3 ページ

後編: 大学生で重度のアトピーになった僕の復活劇②

はじめまして^^


宇佐美健敬と申します。



僕は大学生のときに自分のビジネスを始め、

今は自分の会社を運営しています。



福岡在住の男です。



僕の仕事内容は様々で、

健康コンサルタント、ヒーリングセラピスト

コピーライター、コンテンツ販売、就業支援など

幅広く活動しています。



今は毎日が本当に楽しく生活しています。



最近では本の出版の依頼なども

いただけるようになりました。



たくさんの方から感謝メールや

プレゼントをもいただいたりすることもあり

とても充実した幸せな毎日を送っています。



大学生のときに重度のアトピーになりました



あれは大学1年の冬でした。



突然、アトピーになりました。



最初は顔が急に赤くなって

「肌荒れかな?」ぐらいの感覚でした。



それまであまり肌のトラブルはなく、

どうすれば治るかわからなかったので

オロナインを塗っていました。



ただ、尋常じゃないくらいかゆかったので

藁にもすがる気持ちで皮膚科に行きました。




そこで先生から、

皮膚科の先生
アトピーですね~

と言われました。



それまでアトピーという言葉は

何度か聞いたことがありました。



というのも、小学校のときに同級生に

アトピーで悩んでいた男の子がいたからです。



アトピーでいじめられていた記憶が

あったので、まさか自分もなるなんて

夢にも思っていませんでした。



ただ、それ以外にアトピーに対する

何の知識もありませんでした。



皮膚科の先生に出されたステロイド

と呼ばれる薬を塗れば治るのかな

と軽く考えていました。



ステロイドを塗ってみるとあらびっくり。



かゆさはかなりありましたが、

次の日にはかなり治っていました。



しかし、3日もするとまた顔に

湿疹が出てきました。



「おかしいな~」と思いつつ、

また皮膚科に行ってステロイドを

もらいに行きました。



今回は全身もかゆくなって、

身体用のステロイドももらいました。



家に帰ってから、それを塗ると

次の日にはかなり治っていたのです。



それを繰り返していくうちに

これまでのステロイドでは治らなくなり、

さらに強いステロイドを処方されるようになりました。



そして、どんどん湿疹がひどくなって

とうとう大学にも行けなくなるくらい

ひどくなってしまいました。





大学1年生の春でしたので

「これから大学生活エンジョイするぞ!」

という気持ちでいっぱいのときのことでした。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。