おっちゃんが教えてくれたんだ^^!WEBマーケティングの大切さってやつをさ。

1 / 3 ページ

~おっちゃんが亡くなってから3年…~


僕の実家ではお米を直接、

生産者の方から注文しています。


その、生産者の方の名前は

「おっちゃん」。




いつも、おっちゃん、おっちゃんと

呼んでいたので、ここでも

「おっちゃん」と呼ばせて下さい。


僕とおっちゃんの出逢いは7年前でした。


当時、20歳の僕は片親で

母とアパートに二人で暮らしていた。


そんなある日、、、


母から


田植えのバイトがあるから

「バイトしに行こう!」と言われて

茨城の水田に無理矢理連れて行かれました。


(ダルっ、、、)


正直、当時は乗り気でもなく

めんどくさかったのが本音。



ただただ、母の言いなりで

嫌々田植えに行くことになり


仕事が休日の日に茨城へと向かった。


横浜から車を走らせること3時間、、、



周囲は山しかない、超が付く位の

ど田舎(笑)



(イメージは本当にこんな感じ)



都会の空気と違って田舎の空気は最高だった。

空気が最高に美味い。





到着してから、100メートル先に

ゆっくりゆっくり歩いてくる人間がいた。


そう


おっちゃんだ。




作業着でタバコを吸いながら登場した


おっちゃん。



これが初めての出会いだった。(笑)


実の親父の職業は土方なので

最初の印象なんて、

うちの親父にしか見えなかった(笑)



確か、こんな会話から始まった気がする。



自分
どうも、初めまして!
おっちゃん
お前、名前何て言うんだ?(タバコ吸いながら。)
自分
(´-`).。oO(本当に親父みたいだな。

「健太です。今日はお世話になります!」
おっちゃん
そうか。健太か。よろしくな。」

着替えたら、早速田植えの仕方教えてやるから

着替えたら作業に入るぞ。
自分
わかりました!!



田植えが始まると

おっちゃんは丁寧に田植えを教えてくれた。



田植えしながら、おっちゃんと

仕事や家族の話をしていた。




実は、うちの母が2週間前に友人に誘われて

茨城の田植えに来ていた。



なので、母は今回で2回目。



前回

母はおっちゃんにオレのことを

ベラベラ喋っていた。



その流れから



おっちゃん
お前、中学校の時、大変だったんだってな?母ちゃんから聞いたぞ。
自分
´-`).。oO(また人にオレの話しやがって。

そうですね、、、、中学の時は…





その話から中学の時に両親が離婚した話や

そのタイミングでイジメられていたときの話まで。




本当に親父みたいな人だったから

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。