おっちゃんが教えてくれたんだ^^!WEBマーケティングの大切さってやつをさ。

3 / 3 ページ



別れ際


自分
こんなところで絶対死ぬんじゃねぇぞ!

また田植え絶対行くからな!
おっちゃん
当たり前だ!



最後にそう言って握手を交わした。



でも

もう力が全然入ってなかった…。



笑顔で病室を去った後に


自分は堪えられずに


泣いてしまった。



その握手の感触で死が近いことを

確信してしまったから。




その1週間後におっちゃんは



天国へと旅立った…



自分が人に冷たくしてしまったとき


人に対して思いやりが足りなかったとき


おっちゃんのことを思い出しながら


いつも空を見上げながら、

自分に問いかけている。





自分はおっちゃんみたいに人に優しくできてるかな?



おっちゃんみたいに思いやりをもててる自分でいれているかな?って。



その度に少し泣きそうになるんだ。



第2の親父、おっちゃんは自分に

人としての大切なことを教えてくれた。



そんなことを先日思い出して

この話を残したくて、ここに書いた。



おっちゃんが亡くなった今

おっちゃんのお弟子さんが後を継いでいる。



亡くなった今でも毎年届くお米。



おっちゃんやお弟子さんが作った米は最高に美味い。



噛めば噛むほど味わいが出てきて、とっても甘い。



みんなに食べてほしいくらい。


でも、おっちゃんの美味しいお米は


全然、口コミや周りに広がらなかった。



それを感じた僕は


2年前からWEBマーケティングの世界に飛び込んだ。


おっちゃんのお米のように

まだまだ、広がりを見せない商品って

世の中に沢山溢れていると思ったから、、、


おっちゃんがいたから農業が好きになれた


おっちゃんがいたからWEBの世界で仕事ができているんだよ。


そう、天国のおっちゃんに感謝を伝えたい。


そして、WEBマーケティングを通して


おっちゃんが作ってくれた美味しいお米


そういった素晴らしい商品が世の中に広がっていくこと


それが僕の今世での役目だと思い


今、こうしてWEBの世界で仕事をしている。



その世の中の役に立つことこそが


少しでもおっちゃんの恩返しだと思っています。


自分が今あるのはおっちゃんのお陰で


本当に感謝している。


そんな米みたいに味がある人間に

なりたいと思ったよ。


本当にありがとう、おっちゃん。





そして、最後まで見てくれた方、
本当にありがとうございましたm(_ _)m


僕へのメッセージや感想は

LINE@より受けつけています^^


よかったら友達になってくださいmm


https://line.me/R/ti/p/%40kxr0749z


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の伊波 健太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。