ボクが京大を7回受けたワケ

1 / 3 ページ

 150億年前にビッグバンがあったと言われている。その時の温度が、一兆×一兆度だったと聞いたことがある。いずれにせよ、想像を絶する話なので話半分に聞いておくしかない。
 そのビッグバンの前はなんだったのかと想像しても、膨張する宇宙の外側はどうなっているのかと想像しても、もはや呆然とするしかない。この壮大な空間と時間の前では、5000年前の古代エジプトの時代も、つい最近のことのように感じてしまう。
 人生80年なんて、本当に泡ぶくがはじけるほどの時間だ。今も、世界中のいたるところで紛争や、それにともなう憎悪や悲劇が生まれているのだろうが、200年もすると地球上の全人類は総入れ替えで、ほとんどのことは無かったことのように忘れ去られる。
 夜空を見上げると、そんなことを思う。あなたも、小さい頃に同じ思いで夜空を見上げた瞬間が、きっとあるはずだ。
 小学生だったA子ちゃんも夜空を見上げていたのだろうか。そして、
「医者になりたい」
 と、願いを持って私の塾に来てくれた。
 
「銀河系」の画像検索結果
 
 ひるがえって、自分の仕事ー受験指導を考えると、まことに小さな学力差で一喜一憂していることに気づく。人間は、ほんのわずかの時間しか生きられない。その貴重な時間を、他人に支配されたくないのは当然のことだ。
「あなたは、必ずクラブ活動に参加しなければならない」
「あなたは、この宿題を必ずやらなければならない」
「あなたは、下校時間まで学校にとどまらなくてはならない」
 こんな無意味な規則に従う必要があるのだろうか?私は、中学生の頃に疑問でならなかった。中学三年生になった4月に自主的に退部したら、担任に説教をくらった。
 夏休みに学年主任に電話して
「この問題集は自分にプラスになると思えないので提出しなくていいですか」
 と、尋ねた。自分の選んだ問題集をやるからと説得して、イエスと言わせた。嫌なタイプの生徒でしょう。
 A子ちゃんも、経済的に厳しい家庭環境だったことは着ている服装や言葉の端々から感じられた。普通に考えたら、医者になることなど夢のまた夢なのに、決して諦めようとしなかった。
 
 
 クラブ活動など、やりたい子がやればいい。「勉強とクラブの両立」なんて、教師が勝手に決めたスローガン。私の指導させてもらっていたアメリカの公立中学校では、午後2時半になったら消灯で生徒も教師も誰もいなかった。
 クラブ活動などという制度がある国の方が少数派だと思う。クラブなどしなくても、健全な精神は養える。
 私は20代は英検1級をめざしていた。30代は中学の5科目指導をめざしていた。40代は英語講師から数学講師に転向しようと勉強していた。50代は高校生と一緒に京大を7回受けた。
 私は、就職しようが、結婚しようが、親になろうが、何が起ころうが勉強し続けた。他人の言うこと、アドバイス、常識などは気にしないようにした。他人の作ったルールなどに縛られないから勉強が続いたと思っている。
 指示されたことしかしない子は、学校を卒業したら勉強をしなくなる。
 高校生のA子ちゃんは、あるスポーツで優秀な成績をあげていた。本人は、クラブを継続したかったと思う。しかし、高校二年の時に突然
「もうクラブは卒業にする」
 と、私に言った。おそらく、コーチや仲間からいろいろ言われたに違いない。しかし、私立大学の医学部に進学できる経済状況ではないのだった。
 
 
 私がローガン中学校の生徒に、日本の中学生の集合写真を見せたら
「これは、刑務所か何かか」
 と質問された。どうして、そう思うのか理由を尋ねたら
「だって、こういう服を集団で着ているのは、アメリカだと囚人か兵隊くらい」
 とのこと。
 どんな服を着ても勝手ではないだろうか。アメリカが全て良いとは、言わない。しかし、夏休みが3か月もあって、ほとんど宿題のないアメリカの中学生と、夏休みもほとんど毎日クラブがある日本の中学生では、自由の持つ意味がまるで違う。
 受験指導をしていて思うのは、学力上位の子たちは教師の一方的な指導に無条件で従ったりしないこと。なんでも自主的な判断で動くから、教師が非効率な宿題など出そうものなら、無視して自分で決めた問題集を隠れてやっている。
 それで、いいのだ。人権的に言っているだけではなくて、効率を上げないとライバルに勝てないもんね。
 A子ちゃんは、奨学金、バイト代だけで医学部に行けないことを知り、防衛大学や自治医大や特待生制度で学費が抑えられる大学をさがし始めた。そして、ある時ボソっと言ったのだ。
「お母さん、生命保険解約したって・・」
 

みんなの読んで良かった!