戦後日本平和の正体~憲法9条と自衛隊

1 / 3 ページ


朝鮮半島で戦争の危機

2017年4月15日現在の報道によると、朝鮮半島周辺海域には2つの空母機動部隊を中心とした米軍が展開中であり、核開発とミサイル発射を繰り返す北朝鮮と対峙しており、まさに一触即発の状態であるという。北朝鮮はせっかく手に入れた核を放棄する気など無く、米国も安全保障上これを認める気は無いので、このまま事態が収束する可能性は極めて低い。いざ米朝開戦となれば、韓国はもちろん日本もミサイルやテロにより被害を受ける可能性がある。

戦後日本人が当たり前のように享受してきた平和とは、一体何だったのだろうか?

 

日本を取り巻く国際環境

韓国では現役の大統領が汚職と失政のため弾劾され、5月の選挙までは大統領不在のままで重要な決定もできない政治空白の状態である。おまけに次期大統領の最有力候補者は今のところ反米反日親北朝鮮であり、より一層の政治的な混乱が予想される。

なにしろ韓国国会議員の約半数が親北朝鮮派だというのだから、世界中に慰安婦の像を立てまくり、日韓慰安婦合意を破棄するという発言が支持されるのも当然だろう。それは日本と韓国は喧嘩させておいた方が、北朝鮮に都合が良いからだ。

今まで北朝鮮が必要とするエネルギーや物資のほとんどを供給してきた中国は、国連の対北制裁にまともに協力して来なかったが、今回も両方に自制を求めるという中立的な立場を取っている。内心は北朝鮮という自由主義陣営との緩衝地帯を維持したいのだろうが、中国は北朝鮮にも信用されておらず、正面切ってアメリカと喧嘩するのも嫌なので、とりあえず朝鮮半島から大量の難民が流入してくるのを食い止めるために、中朝国境に15万の軍を増員配備しつつ、他には何もできずただ事態を傍観している。

今までに北朝鮮に拉致された多くの国民を救出することもできず、さらには排他的経済水域内にミサイルを打ちこまれているにも関わらず、昨今の日本の国会では、違法性は無く重要でもない森友問題で約1か月半も国会審議が空転している。特に馬鹿な質問を延々と繰り返す野党議員や、真偽の定かでない情報を大量に垂れ流すメディアの、レベルの低さには怒りを通り越してあきれてしまう。彼らが行っていることは日本を危機に陥れる売国的行為だと思う。

しかし、こんな国会議員を選挙で選んだのは、日本国民であることを忘れてはならない。

 

“保育園落ちた日本死ね”の元凶である自虐史観を正せ

近年日本の左傾化が止まらない。

“保育園落ちた日本死ね“が昨年の流行語大賞に選ばれた。

どこの誰が書いたかもわからないこんな醜悪な文章を、野党が政治利用して国会で取り上げ、総理大臣が答弁をするのは異常な事だ。この現象は今の日本人の左傾化を象徴している。このようになった原因は、戦後のGHQによる執拗なWGIP(反戦洗脳計画)と、それに続く日教組による徹底した自虐史観教育にある。

日本の近現代史を俯瞰してみると、1853年にアメリカのペリー艦隊の恫喝に屈し開国を決断してから、日清・日露戦争を経て第二次世界大戦に至るまでのおよそ100年間、日本は一貫して独立自尊の為に戦ってきたのだという事がわかる。

歴史は勝者によって作られる。しかし、敗者にも大義は有るのだ。

先の大戦で日本が掲げた大義は、日本の独立自尊とアジアの白人支配からの解放だった。

世界地図を見てみれば良くわかるが、大戦前のアジア・アフリカは日本を除くほとんどが、欧米の植民地だった。日本は連合国相手に死力を尽くして戦い敗れたが、日本の奮戦に勇気づけられたアジアの民衆が、戦後各地で立ち上がり欧米からの独立を果たし、その機運はアフリカにも広がっていったことは歴史的事実である。

また、国際連盟で世界初の人種差別撤廃案を提出したのは、日本だったことも忘れてはならない。

東京裁判は戦勝国によるリンチに過ぎないし、事後法だらけの裁判と呼べる代物ではないという事も、少し調べれば法律家でなくとも誰でもわかる。このでっち上げの東京裁判に基づく、自虐史観を日本人は改めるべきだ。

なお、東京裁判で唯一の国際法の専門家であった、インド代表判事のパール博士は、いわゆるA級戦犯被告に対して全員無罪の判決を下していたことは、心に留めておくべきだろう。

我々の祖父が日本の為に命を懸けて戦ったことを、敵側が非難するのはまだわかるが、同じ日本人である子や孫が、非難する意味が分からない。

私の祖父は陸軍軍人として、南方へ出征して、死線を潜り抜け生きて帰ってきた。そして、日本の復興の為に身を粉にして働き、祖母と結婚して1男3女を授かった。そのうちの一人が私の母である。もし祖父が戦死していたら、母も私も私の子供達も全てこの世に存在していない。

戦争から生きて帰ってきた祖父や、命を懸けて戦ってくれた英霊たちに、心から感謝と尊敬の気持ちを伝えたい。

自衛隊と日米同盟

日本の平和が脅かされれば、ビジネスや市民生活どころの話ではない。戦後の洗脳教育の名残か、いまだに平和という言葉を誤解している人が多すぎるような気がする。軍事力による裏付けのない平和など、外国の侵略の前には簡単に踏みにじられてしまう事は、ウクライナや南シナ海を見れば良くわかる。

戦後の日本が平和であったのは、海上保安庁や自衛隊が必死に領海と領空を守ってきたからであり、日米同盟が抑止力となってきたからだ。

みんなの読んで良かった!