受験の思い出……学力を磨いたことが仇になったのか?……

私が浪人して大学受験に臨んだ年、ある私立大学のわりと珍しい学科に合格した。

でも、その学科に進学することはほとんどの人から反対された。

その理由が

「偏差値の高い他の大学に合格しているのに、その大学に行くのは賛成しかねる」

というものだった。

たとえば、経済的事情で「私学+下宿」はやめて欲しいとか、もっと言うなら国公立に行って欲しいとか、そういう事情を言われた方が、まだ納得できたのかもしれない。

でも「大学の偏差値が……」と言われると、一生懸命勉強して学力を磨いてきたことが、ある意味で仇になったようで苦しかった。

私自身に、人から大声で物を言われると、自分の意見を下げてしまう弱さがあり、その珍しい学科には進学しなかった。

今思えば、就職活動などで不利になるのではといった周囲の人の気持ちもわかるけれど、私は身体的な制約があり普通の就職を経験できなかった。そうなれば、何のためにあの学科をあきらめたのかということになる。

今、その大学・大学院への進学を頭の隅で考えているのは、何かのご縁なのだろうか?

だとしたら、「縁のある場には呼ばれる」と信じて頑張ろう。

みんなの読んで良かった!