起業したてで、キャッシングで食いつないでいた私に、英語スクールの社長が教えてくれた、成功するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
36

私はごく普通のOLで、ほんのわずかな貯金で


なんとかなるでしょ(≧▽≦)



と、独立してしまった人間です。



「3か月必死でやってみて、食べていけなさそうだったら、ちゃんと、就職活動するね」


と主人と約束していました。




そして、独立して3か月後には、

貯金が底をつきました。




でも、主人に、

やっぱり、ダメだった。就職活動するね

と、どうしても言えなかった。






でもお金もないので、主人に内緒で、

銀行のATMでキャッシングをして、食いつないでいる時期がありました。




当時を思い出すと、本当にすごい状態だった…。

とガクブルします…(苦笑)



それで、大学時代にアルバイトをしていた

英語カフェ&スクールの社長を思い出しました。



そこで、またスポットのアルバイトで雇ってもらえないかな?

と思い立ち、


勇気を出して


●●社長、お久しぶりです。突然ですが、またお会いしたいです

とメールをしたことがあるのです。



だめもとだったのですが、

社長、会ってくださったんですね。


大学卒業後、一度も顔をだしていなかったのに…。



社長は、会ってすぐに、

わたしの状況を理解して、こう言いました。

社長
あさこが働いていてくれた時は、
アルバイトで経営を持たせていたところがあったけれど、

今は正社員を何人も雇って、
分社も複数立ち上げているから、
あの頃みたいに雇ってはあげられないんだ。
ごめんね。


真冬で、足元が冷えている私に、

お寿司をごちそうしてくださる社長。

温かい緑茶が身体に染みました。



そうだよね…。
そんなうまい話があるはずないよね…。



そう、表情には見せずに、でも、めちゃめちゃ落ち込んでいると、


社長
でも、うちのホームページを、リニューアルしたいんだ。
あさこに、お願いできるかな?

そう、言われました。





社長に詳しく話を聞くと、

社長がイメージしているホームページの規模と機能のリッチさに、


3~4か月はこの仕事にかかりきりにならなくてはいけないレベルであること、

その機能を開発するプログラマがいないことがあり、

丁重にお断りしました。





社長は、

社長
そっか、残念

と、さして残念そうにもせず、言いました。



実力不足で、すみません…。
アルバイトなら、でも、お役にまだ立てると思うんですが

と、私はなおも、アルバイトで雇ってもらいたくて、

食い下がってみました。



そしたら、こう言われたんです。

社長
いや、あさこなら、ぜーーーーったい大丈夫だよ。
ぜったいうまくいくよ。
ほんと、投資とか出資とか、できるならしたいくらい。
5年後には、俺なんかすぐに追い越してるよ。


社長は、笑いもせず、「アタリマエのこと」を言うような真顔で、

そう言いました。


そして、こう続けました。

社長
でも、そのためには、続けてないと、そうなれないよ


社長のその言葉を、

素直に信じるのが難しいくらいには、

当時の自分の状況は、みじめだったと思います。



でも、その言葉は、

その後の私の心の中に、

確かに希望の光となって、



つらいときや、投げ出したくなるときに、

支えてくれる言葉となりました。


もうだめだ。潔くOLに戻ろう


そう思って履歴書を書いたこともありましたが、

すんでのところで握りつぶしました。



あのときから、ちょうど2年半、経っています。



今では、開催する講座は、ありがたいことに満席になるようになり、

東京と新潟の2拠点を構えて、マインドマップという頭の整理術を

伝える仕事を続けさせてもらえるようになりました。



企業からの研修の依頼もいただけるようになり、


あさこさんに会いたかったんです!

と講座にご参加くださるお客様がお越しくださるようになりました。


2年半前の私は、そんな言葉をもらえる自分になれるなんて、

夢にも思いませんでした。


時間がもっともっと欲しい! と思えるくらい、

今は、毎日が本当に幸せです。



そして、冬になって、お寿司屋さんの前を通るたびに、

あのときの社長と話した時間を思い出します。



今、振り返ると、あの時に社長からもらった一言が、

そのあとの私の礎になっているなと、しみじみと感じています。



社長に、心から、感謝しています。


あのとき、社長から教わったこと、それは、




投資したいと思われるような「商品」でいる重要性



そして、


その信頼を集め続けるために必要なのは、「継続」


ということです。




「投資したいと思われる人間でいること」



信頼とは、


「自分が投資をしてもらえる存在かどうか」。




どんなふるまいも、すべて、見られている。


それを、いつでもしっかりと心に刻んで、

これからも一歩ずつ積み重ねながら、

目の前のお客様に貢献していきたい。


あの日の、社長の姿を思い出すたびに、背筋が伸びるのです。



関亜紗子




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

関 亜紗子

「自分をデザインできる人を増やす講師」として、 経営者・個人事業主のブランディングを行っている。 頭の整理術「マインドマップ」と強み・欲求の活かし方セミナーなどを通じて、 自分で自分を紐解いて、問題解決する方法を伝えている。 セミナー開催数は160回。(2017年4月現在)

関 亜紗子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が「ストーリーカウンセリング」を立ち上げるまで 【あなたの人生も必ず何かに導かれている】

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(2)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

28歳で大学に入学した僕が32歳新卒で6社内定をもらう奇跡(ノウハウ編)

医療事務でのイジメで人間をやめようと思った日の記憶

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

典型的なコミュ障理系院生だった自分が某大手お菓子メーカーの飛び込み営業チームのリーダーとしてなんとか一年間務め上げた話 その①

関 亜紗子

「自分をデザインできる人を増やす講師」として、 経営者・個人事業主のブランディングを行っている。 頭の整理術「マインドマップ」と強み・欲求の活かし方セミナーなどを通じて、 自分で自分を紐解いて、問題解決する方法を伝えている。 セミナー開催数は160回。(2017年4月現在)

関 亜紗子

「自分をデザインできる人を増やす講師」として、 経営者・個人事業主のブランディングを行っている。 頭の整理術「マインドマップ」と強み・欲求の活かし方セミナーなどを通じて、 自分で自分を紐解いて、問題解決する方法を伝えている。 セミナー開催数は160回。(2017年4月現在)

関 亜紗子さんの他のストーリー

  • 起業したてで、キャッシングで食いつないでいた私に、英語スクールの社長が教えてくれた、成功するコツ

  • 関 亜紗子さんの読んでよかったストーリー

  • 婚約破棄を経験しボロボロだった女子大生が幸せな結婚をし、夢までみつけて叶えた話