起業したてで、キャッシングで食いつないでいた私に、英語スクールの社長が教えてくれた、成功するコツ

2 / 2 ページ


そう思って履歴書を書いたこともありましたが、

すんでのところで握りつぶしました。



あのときから、ちょうど2年半、経っています。



今では、開催する講座は、ありがたいことに満席になるようになり、

東京と新潟の2拠点を構えて、マインドマップという頭の整理術を

伝える仕事を続けさせてもらえるようになりました。



企業からの研修の依頼もいただけるようになり、


あさこさんに会いたかったんです!

と講座にご参加くださるお客様がお越しくださるようになりました。


2年半前の私は、そんな言葉をもらえる自分になれるなんて、

夢にも思いませんでした。


時間がもっともっと欲しい! と思えるくらい、

今は、毎日が本当に幸せです。



そして、冬になって、お寿司屋さんの前を通るたびに、

あのときの社長と話した時間を思い出します。



今、振り返ると、あの時に社長からもらった一言が、

そのあとの私の礎になっているなと、しみじみと感じています。



社長に、心から、感謝しています。


あのとき、社長から教わったこと、それは、




投資したいと思われるような「商品」でいる重要性



そして、


その信頼を集め続けるために必要なのは、「継続」


ということです。




「投資したいと思われる人間でいること」



信頼とは、


「自分が投資をしてもらえる存在かどうか」。




どんなふるまいも、すべて、見られている。


それを、いつでもしっかりと心に刻んで、

これからも一歩ずつ積み重ねながら、

目の前のお客様に貢献していきたい。


あの日の、社長の姿を思い出すたびに、背筋が伸びるのです。



関亜紗子




著者の関 亜紗子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。