立ち直った26歳①

次話: 立ち直った26歳②

 何があったのか

僕には今両親がいない。父は僕が高校生の時に離婚し、母は癌でこの世を去った。

母がなくなったあと、3ヶ月の間自分が何をしていたのか定かではない。

何もする気が起きず、もはや食事をすることすら、何か意味があるのかと考えるほどだった。

自分が世界で一番不幸だという何も意味を持たないお守りを抱えながら、布団にくるまり、

ずっと寝ていた。

もし今、僕と似たような経験があったり、打ちのめされた人の、助けになれたら嬉しい。



続きのストーリーはこちら!

立ち直った26歳②

著者のKouichi Satoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。