『高校卒業したら関西の大学に進学しておばあちゃんの家に住んでそこから通学する』

 

と、いうのが我が家の既定路線でした。

この路線はいったいいつから決まっていたのだろうか。

僕の記憶が正しければ、僕が小学生の時から父はそんなことを言っていたような。

とはいえ、実際に大学受験を目前にした高校3年生の僕も、

『高校卒業したら関西の大学に進学しておばあちゃんの家に住んでそこから通学する』

ということに何の疑問も持っていなかった。

 

・岡山で過ごした18年間

僕の経歴を振り返っておく。

僕は岡山県の海沿いの田舎の町に生まれた。

住んでいた当時は何も思わなかったが、その後大阪に住んだとき自分の故郷はとてつもなく田舎なんだなぁと思った。

家族構成は、父、母、僕。

父はサラリーマン、母は専業主婦、そして僕は一人っ子。

裕福でもなく、でも貧乏でもなく、どこにでもある普通の家庭だ。

 

父は大阪の出身で、就職時に岡山にやってきた。母は生粋の岡山人。一緒に暮らすことになるおばあちゃんは父方になる。

 

僕が住んでいた市には高校が3校しかなく、普通科はそのうちの1校の○○高校。

隣の市は大きい市で、電車に乗ってその市にある高校に行く事もできたが、○○高校と比較して学力的に大差ない高校ばかりだったし、電車で通学するのが面倒だったのでこの選択肢は除外。

ということは必然的に僕の進路は高校まで決まっていた。

続きはこちら

18歳の大学生が祖母と二人暮らしした4ヶ月 その2