当たり前。
その言葉にどれだけ僕はつまづいただろう?当たり前にある物が僕にはなかった。