世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

1 / 2 ページ

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。

オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして半年で1000万」、世界最高の仕事、と言えばピンとくる方もいるかもしれません。それが、今年2013年、「州」からオーストラリア全土に募集を広げ、6つの職種でバージョンUPした「世界最高の仕事」が帰ってきました。オリンピックと同じ、4年に1度ですね(笑)

その情報をたまたま、友達からURL付きで「こんなの始まったよ~」と送ってくれて、「ふうん」くらいのキモチで見ていたら、目に飛び込んだのは「Chief funster(楽しい人代表)」という職種。ナニコレ?!ナニコレ?!と目が釘づけになりました。というのも、内容がオーストラリアのイベントやフェスティバル(のしかもVIP席で)出席、その内容を世界に発信していくというもの・・・もともとイベントが大好きで、いろいろと仕掛けていた経験があったのと、今までの芝居や映像などの「表現・発信」をしていたこともあり、ものすごく惹かれました。


「これ応募しよう。」と即思い、これっていったいなんなのだと詳しく調べていったら、仰天。その時点で世界各国から数十万の応募が来てるとのことでした。(課題は、30秒という短い枠で「なぜ自分が相応しいか」とビデオに撮り、提出するというものでした。)

「日本」というフィールドを超え、「世界」・・・しかも、その応募量が半端ない・・・


正直あきらめました。「これはさすがに厳しいだろう」と。


でも、なんとなくあきらめきれずに、応募日直前にそわそわしていました。

ですが、そわそわしているだけでした。

そして、応募日当日。


また別の知人から「これイイよ」とURLが送られてきました。

マイケルジャクソンの「On the line」という歌のyoutubeでした。それを聞いていてビックリ・・・自然と涙が流れました。マイケルは「やりたいこと、はじめてみないとなにも始まらないよ。人生ってそんなもんだよ。さあ、今だよ!今!」とマイケルが透き通る声で言っていました。

なんだかとても運命的なものを感じ、大急ぎで知人に撮影協力を依頼して、応募時間ギリギリに30秒のビデオを提出しました。(6職種すべてに応募は可能だったのですが、私は興味のあるチーフファンスターにしか応募しませんでした)


既に数十万のビデオ応募がきている、ということでしたから、これはもう「最初の3秒が勝負だな」と思いました。というより、3秒でピンとくるものでなければ、30秒見て頂けるものにはまずならないだとうな、と。ですので、私は3秒の間に審査員のネイティブ陣に「?」と思われるワードを敢えて入れました。それが、「Advertising Woman(広告女)」です。これは造語なのですが、事前に知人のネイティブにチェックを入れ、このワードが「?」と引っかかるかどうかを聞いたところ、「?」となるとのこと。これだ、と思いました。(申し遅れましたが、私は今広告会社に勤める5年目です。とはいえ、今月までで、来月からは新たな試みを始めます。)

日本人もたくさん応募しているだろうから、「あのJapaneseの子」とはならないだろう、でも「あのAdvertising womanと言っていた子」という覚え方はされるかな、とそれに賭けてみました。


とはいえ、宝くじのようなものだと思い、結果はあまり気にしないようにしていました。


そして発表当日・・・気にしないようにしていたにも関わらず、前日の夜不思議な夢を見ました。「congratulations」と書いてあるメールを受け取る、という夢です。


いやいやいや、まさかまさか、と思いながらも、
メールを確認すると・・・

みんなの読んで良かった!