人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

1 / 7 ページ


おばあちゃん
金持ちとか貧乏とか
じゃなくて、
幸せを決めるのは
〇〇だよ。



初めまして!

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』を人生のテーマに生活している田中秀憲といいます。


いまから10年前、わたしは0歳〜15歳まで、大好きだったおばあちゃんと暮らしていました。


その時、おばあちゃんから教わったことがわたしの人生の指針となっています。今日はそんなおばあちゃんのお話をシェアさせていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


朝起きるとおばあちゃんの白目が黄色になっていた。


10月9日の朝、当時中学3年生のわたしはいつものように学校へ行く準備をしていた。朝起きてまず朝食を食べ、歯磨き・洗顔、制服に着替えて家を出る。


これがいつもの流れ。でも、この日はいつもと違うことがあった。


わたし
おはよう!
わたし
んっ?
ばあちゃん、
目が黄色いよ!
おばあちゃん
うそ?
ほんとだ!
わたし
体も黄色くなってる!
病院に行った方がいいよ!
そうだね。
仕事行く前に病院につれていくよ。

その日、わたしはいつものように学校へ行き母はおばあちゃんを連れて行きつけの病院へ。この時は、「目と体が黄色くなってなんかいつもと違うな」としか思っていなかった。


実は、この数ヶ月前に異変があったのだ。


おばあちゃん
小便したらあわ立つか?
わたし
たたないよ。
おばあちゃん
そっかぁ。


何も考えずに答えた。いまになって考えるとこの時、もっとおばあちゃんのことを考えられたらと後悔している。

おばあちゃんは、この3年ほど前に腰痛狭窄症の手術・入院も経験していて、当時は血圧の薬を飲んでいた。

だから、病院に行けば治ると思っていた。


そして、4時間目が終わる頃に母が学校に。


わたし
どうだった?
総合病院で即入院になったから
鍵渡しとくね。
これから検査するって。
わたし
うん。


この日からわたしは、鍵っ子になった。学校から家に帰るといつも空いている玄関の鍵がしまっていて、いつも電気がついているリビングが暗い。

そして、いつもいたおばあちゃんが家にいない生活が始まる。


当たり前のように「おかえり」と言ってくれる人がいることがどれだけ恵まれていることか思い知った。


検査結果はガン


みんなの読んで良かった!