人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

1 / 3 ページ


おばあちゃん
金持ちとか貧乏とか
じゃなくて、
幸せを決めるのは
〇〇だよ。



初めまして!

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』を人生のテーマに生活している田中秀憲といいます。


いまから10年前、わたしは0歳〜15歳まで、大好きだったおばあちゃんと暮らしていました。


その時、おばあちゃんから教わったことがわたしの人生の指針となっています。今日はそんなおばあちゃんのお話をシェアさせていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


朝起きるとおばあちゃんの白目が黄色になっていた。


10月9日の朝、当時中学3年生のわたしはいつものように学校へ行く準備をしていた。朝起きてまず朝食を食べ、歯磨き・洗顔、制服に着替えて家を出る。


これがいつもの流れ。でも、この日はいつもと違うことがあった。


わたし
おはよう!
わたし
んっ?
ばあちゃん、
目が黄色いよ!
おばあちゃん
うそ?
ほんとだ!
わたし
体も黄色くなってる!
病院に行った方がいいよ!
そうだね。
仕事行く前に病院につれていくよ。

その日、わたしはいつものように学校へ行き母はおばあちゃんを連れて行きつけの病院へ。この時は、「目と体が黄色くなってなんかいつもと違うな」としか思っていなかった。


実は、この数ヶ月前に異変があったのだ。


おばあちゃん
小便したらあわ立つか?
わたし
たたないよ。
おばあちゃん
そっかぁ。


何も考えずに答えた。いまになって考えるとこの時、もっとおばあちゃんのことを考えられたらと後悔している。

おばあちゃんは、この3年ほど前に腰痛狭窄症の手術・入院も経験していて、当時は血圧の薬を飲んでいた。

だから、病院に行けば治ると思っていた。


そして、4時間目が終わる頃に母が学校に。


わたし
どうだった?
総合病院で即入院になったから
鍵渡しとくね。
これから検査するって。
わたし
うん。


この日からわたしは、鍵っ子になった。学校から家に帰るといつも空いている玄関の鍵がしまっていて、いつも電気がついているリビングが暗い。

そして、いつもいたおばあちゃんが家にいない生活が始まる。


当たり前のように「おかえり」と言ってくれる人がいることがどれだけ恵まれていることか思い知った。


検査結果はガン


医者からの説明を母から簡単に聞いた。

あの日の朝、体と目が黄色くなっていたのは「黄疸(おうだん)」という症状らしい。胆管にガンができたことが原因。

だから、手術でガンを取らなければいけないと。


初めてお見舞いに行った時、落ち込んでいるかな。なんて声かけようかな。なんてことを考えているとおばあちゃんが口を開いた。


おばあちゃん
見て。
おばあちゃん
体にホースが繋がれて
サイボーグみたい。
わたし
すぐとれるよ!


とっさに答えた。こんな励ましの言葉しか出てこない。医者から「ガン」と聞いて泣いてた。ということを最近、母から聞いた。 

わたしは、おばあちゃんの涙を見た記憶がない。相当ショックだったはず。なぜなら周りのひとの多くがガンで亡くなっているのを見てきたから。


おばあちゃんにとって、ガン=死という恐怖があったと思う。そんな、気持ちだったのにも関わらず人の心配ばかりしていた。

 

全ての検査が終わり、手術日が決まった。


1度目の手術


手術の朝、病室へ行くとおばあちゃんは少し緊張していた。病室でストレッチャーに乗せられて、エレベーターに乗ってそのまま手術室へ。

手術室に入る直前におばあちゃんの手を握り声をかける。


わたし
頑張ってね!
頑張って!
おばあちゃん
うん。


ストレッチャーが動き出し、おばあちゃんは右手を上に上げピースサインで手術室に入っていった。


本当は、不安でしょうがなかったはずなのに少しでも心配をかけないように明るく振る舞った反面、自分を奮い立たせていたのかもしれない。

8時間に及ぶ大手術。

待っている間に売店でご飯を食べたり、テレビを見たり時間がもの凄く長く感じる。手術が終わると、酸素マスクをつけ麻酔でまだ眠っている状態。 

体の周りには、とにかくいろんな機械があった。そのまま、1人部屋の病室へ移動。

 そこから、順調に回復して邪魔だからと酸素マスクをおでこにのせて元気になった姿を見て安心した。 


お見舞いに来てくれるひとも「すごい元気になったね」「あと1ヶ月くらいで退院できるんじゃない」と手術後の回復ぶりをみて退院の話で盛り上がる。


このとき辛かったのは食事。消化器系のガンだったので食べ物も飲み物も口にすることができない。看護婦からは「歯磨きのときは水を絶対に飲まないようにしてください」と。

元気になってきてそんな状況が続くとまさに生き地獄。


おばあちゃん
腹減った〜!
おばあちゃん
喉乾いた〜!


ひとは食べたらダメと言われると余計に食べたくなる。わたしは大腸検査を経験していて、数日間の食事を我慢するのもやっとなのに何ヶ月も食べ物を食べれないほどキツイことはない。


だから、病院へ行く時は匂いのキツイ食べ物は避けて入念に歯磨きをする。

ご飯の話になるとどう答えていいのか少し戸惑った。


おばあちゃん
ご飯食べたか?
わたし
まだだよ!
おばあちゃん
夜ごはんはなに?
わたし
わからない。
おばあちゃん
食べられないぶんまで食べてくれ!
わたし
うん。


やっとジュースを飲めるまでに回復したのもつかの間、病院から電話が入った。


医者
腸に穴が空いたので、
緊急手術します。

あんなに元気になって、目の前で久しぶりに口にしたジュースを美味しそうに飲んでいたのにいきなりに穴が空いたと。

全く意味がわからなかった。わたしと母は、とにかく病院へ急いだ。



2度目の手術


無事に手術が終わり病室へ戻ると徐々にすくなくなっていった体に繋がれていた管がかなり増えていた。

ベットの周りに置かれている機械も増えて、常に機械の音が聞こえてくる。

それでも、徐々に回復して今度こそおばあちゃんは元気になって家に帰れると信じていた。おばあちゃんもそれを願っていた。


おばあちゃん
家に帰りたい。
わたし
すぐ帰れるよ!


容体急変


母がお見舞いに行った時、明らかにおばあちゃんの様子がおかしいことに気づいた。すぐにナースコールを鳴らし、看護婦を呼ぶとそのまICU(集中治療室)へ。

ICUとは、術後間もない患者さんや容体が危ない患者さんが入る特別な病室のこと。

原因は、出血性ショック。


以前のように病室へ行けずおばあちゃんの顔を見れなくなった。ICUには、入れる人数が決められていて母と母の妹がお見舞いに行く。

わたしは、母の携帯に音声を録音しておばあちゃんの耳元で聞かせてもらっていた。


わたし
どうだった?
声聞かせたら、目開けたよ!

それから、何度か録音して持って行ってもらってを繰り返えした。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。