31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜出産編〜

1 / 3 ページ

前編: 31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜治療編〜

リリカは自分の命のリスクを背負いながらも、妊娠継続選択をした。抗がん剤治療薬(タルゼバ)を妊娠継続中に投薬した前例は日本で初めて。そして大きな一歩を踏み出した


12月13日 大学病院は月に1度の経過観察の日。

医師
リリカさんの経過は良好です。
副作用もなく、引き続きタルゼバを投薬し頑張りましょう。
ただ、胎児の発育不全と羊水過小症になっております。
入院して安静にしながら経過を観察しましょう


リリカは不安になった。自分は経過は良好だが、タルゼバの副作用で、この子が影響がでていないか



心配だった。でも、この道しかリリカには残されていなかった。



だが心配するも2週間、リリカはベッドの上で安静した結果、赤ちゃんの体重も増加し羊水も平常へ戻った。



こうして、リリカはまた退院できることになったが、また1月7日にも胎児に同様の傾向が見られた為



2週間の入院と一進一退の状況が続きながら37週・臨月を迎えられたのだ。


医師
リリカさん よくここまで頑張りましたね。胎児発育不全の傾向があり、ちょうど37週の臨月にも入ってるので出産しましょう。
タルゼバは前の日の3日前から休薬して分娩後も2日間は休薬し、2月27日に出産をしたいと思います。あと少し、頑張りましょう!


リリカは安堵した。あと少しで会えるねっと嬉しくなった。



2月27日 朝9時から陣痛促進剤をつかった計画分娩が始まった。





当初は帝旺切開も医師は視野にいれていたが普通分娩となった。





予想をしていたが、陣痛は想像以上に辛く、腰が砕ける思いであった。




ただ、陣痛と闘いながらも、ガンバレ、ガンバレと激励してくれる。





みんなの読んで良かった!