涙のわけ

食事中の皆さん、失敬。

私は彼女に鼻毛を抜いてもらっている。

38 のおじさんが、21 の小娘に鼻毛を抜いてもらっているのだ。

毎回思うが、傍から見たら滑稽だろうなぁ。

最近腕を上げてきたのか、長いものに関しては一本残らず抜きっきる。

短く細いものが何本か残る程度だ。

ただ、これが痛い。

特に焦らされたときの感覚はSMじゃないかと思うほどだ。(失敬、こんなプレイ無いか)

まぁ、昨日そのプレイ、いや、鼻毛を抜いたわけで、大泣きした。(声は出してないが)

そのおかげで、今日は鼻どおりも良く、スッキリ。快適。

皆さんもいかが?(女性には抵抗があるか…)

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。