超ビビりの3流大学生、就活をあきらめ休学。フィリピン留学に人生を救われた話。

1 / 3 ページ

気づいたら僕はフィリピン・ダバオの地で思いっきり泣いていた。


これは僕がまだ大学生だったころの話。

3流大学生。超ビビり。貧乏。


過激に表現しているわけではない。これは当時の僕にピッタリの表現だ。


就活や転職で悩んでいる人は多い。


僕も大学3年生の当時、就活でとても悩んでいた。

何より日本の就活はとっても難しい。

大学生でぬるま湯につかりまくってても、本当に大切な社会の厳しさは誰も教えてくれなかった。(話を聞く気もなかったのも事実だが。)


社会は僕たちに容赦しない。就活が始まれば、いきなりこう問われる。


「あなたがこれからやりたいことは何ですか」

「あなたの強みは何ですか」


この問いに答えられるあなたはとても優秀です。安心して就活していい。

僕は当時これを聞かれたら、開き直って「正直大学生活では友達と遊んでしまいました。これから頑張りますね、テヘ」と答えるしかやりようがなかった。


英語は、一番自信のあった分野だったが、

こと英会話においては、

Yes, I think so.

と人の話にうなずくのがせいぜいだった。


恐ろしき就活の幕開け


大学生3年生の秋と言えば、就活の時期。


いよいよ大学生最大のイベント、就職活動が近づいてきた。


ハアー。。。。


大嫌いなリクルートスーツに身を包み、鏡を見て僕はため息をついていた。


今までの僕と言えば、大学で何かを頑張ったわけでもなく、めちゃくちゃリア充していたかというとそんなこともない超平凡な学生。バイトと飲みの繰り返し。


大学3年生から始めた読書も意識ばかり高くなってしまい、「意識高い系(笑)」に所属するはめになり、逆に足かせになってしまっていた。


とにもかくにも、就活で活かせる武器などどこにもなかったのだ。


不純な動機で交換留学に興味を持つように


就活が始まる少し前(2013年6月頃)、サッカーをやっていた時から海外に憧れがあった僕は、大学の制度を利用したハワイへの交換留学を企てていた。


というより、遊びたくてしょうがなかった。

海がある場所で、パツキンの女子を招いて、死ぬほど遊んでやる!


そんな不純な動機がきっかけだったと思う。


留学の良いところは、遊んでいても英語さえできるようになれば、世の中が認めてくれることだ。

ずる賢い僕はそんな世の中の盲点を突こうとしていた。(そんなことは企業の人事には筒抜けであるとも当時は知る由もなかったのだ)


なにより交換留学は大学の奨学生として、日本での学費を半分払うだけで行けるという画期的な留学システムだった。

交換留学について少し掘り下げると、この制度に申し込むには、来年の3月までにTOEFL ITP530以上のスコアを取ることが事前に必要。(※学校により条件が全く異なる)


TOEICに換算すると650点程度。他の海外の大学もいろいろあったがそれより厳しいTOEFL ITB(スピーキングやライティングもある)でハイスコアが必要とされる。


就活か留学か

僕に残された選択肢はこの時点で2つ。


就活をやりながらTOEFLの勉強。

就活を捨てきっぱりと留学にフォーカスするか。


そんなことを考えていたが、ハワイへの留学は生活費だけで年間で150万円以上かかりそうだということもわかり、これに大学の施設費を除いた半分の学費である30万近くが発生することを考えると、いくら学費のかからない交換留学といえど、資金的にかなり厳しかった。


なおかつ交換留学したとても、経済学部の勉強にこれ以上興味のない僕がついていけないことは目に見えていた。


唯一の希望であった現実逃避プランも消し去られそうになっていた。


結局就活するしかねぇのかよ。。ハアー、嫌だな…


就活と言えば、自己PRが重要だ。


ということで、何もない自分から必死に何かを絞り出すために、とりあえず今までの人生を振り返ってみた。


長くなるので、省略しながら簡潔に自己紹介。


山梨で生を受ける


小学4年生〜高校1年生 プロを夢見るサッカー小僧


高校1年9月 日本のプロサッカーの厳しい現状を知り、高校中退


高校の普通科に再入学し勉強も大してせず平凡に3年間を過ごす→地元の短大に入学し、こちらも平凡に2年間を過ごす


都内の四年制私立大学に3年生から編入学し、バイト漬けの毎日


僕の強みは何だろう? 何度も自分に問いかけてみたが、やっぱり何も見当たらない。


中途半端に生きてきたんだ。


では大学生活で頑張ったことは何だろう? 


「大学生活は、友達と遊んではアルバイトの繰り返しの日々でした。本を150冊以上読んだので意識だけはスティーブジョブズ並みにとても高くなりましたね。」


としか言えなかった。


アルバイトも楽そうなものを探して適当にこなすだけだったし、サークルも入ってなかった。


これって人生まじオワタ。じゃん


ほんとにその時はそう思っていた。


そんな感じで将来に対して多大なる不安を抱いていた僕は、すがる思いで本だけは読んでいた。


自己啓発やビジネス書の類。


この日も救いを求めるように、わらにもすがる思いで、

僕は渋谷のブックファーストに向かっていた。


なんてことない、就活本を買おうと思っていたんだ。


本屋に入った瞬間、ビジネス書新刊コーナーの棚から、刺激的なタイトルが僕の脳裏に突き刺さる。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。