心から"ブス" と思っていた私が、外見コンプレックスを克服して自分のことを好きになるまで話

1 / 3 ページ





私の最大のコンプレックスは、毛が濃いことだった。



10歳のとき、ブラジルから日本へ移住してきた私は、それまで自分の外見に疑問を持ったことが1度もなかったけど、



日本へ来て、クラスメイトからは「キモい」と言われ、隣の席に座ると椅子を離され、



廊下ですれちがう度に学年の男子から、いじられるようになり、黒板や机への落書きは日常茶飯事!



そして、中学校の入学式当日に、さっそく付けれたあだ名が



「つながり眉毛」と「モジャリーネ」だった・・・。w




本名が「カロリーネ」なので。w



(今だから思うけど、あらためて中学生のネーミングセンスには脱帽!)




わたしを長年苦しませたコンプレックスはここから始まった!




ブラジル人と日本人のハーフなので、毛が濃い。



特に私は、濃かった。。




おまけに、歯の矯正をしていて、メガネをかけていて、クセ毛。しかも太ってた・・・(中学生で身長151cm、57㎏・・・・)



性格も引っ込み思案、



絵に描いたような、

「THE ”地味”子!」笑




衝撃の写真はこちら↓↓






※ イメージ写真ではありません!本人です。笑



眉毛で言われることに慣れてきた頃、



ある日、事件が起きた・・・。




美容院で髪の毛をカットしに行った時のこと。



とても優しい仲良しの美容師さんからの提案。



美容師
サービスで眉毛をカットしましょうか?
わたし
あ、んじゃ・・・お願いします・・・・。



カットされた眉毛を見て、気づいたのだが、

カットしてもらったものの、今度はそれも死ぬほど恥ずかしい。

学校で何かを言われるの嫌で一生懸命前髪を下ろして、




わたし
よし!隠れた!



そんでいざ登校したら、



やはり恐れていたことが・・・起きたのだ。



同級生Sちゃんが、超大声で、

同級生Sちゃん
カロ、眉毛カットしたの??え、なんで、見せて!!
わたしの心の声
なんでじゃねーよ。

消えたい・・・・。



そして、クラス新ネタが完成!!!


「つながり眉毛が眉毛を剃った!」



眉毛、カットしてもダメ。

つながってももダメ。



腕の毛を剃ったら剃ったらで、それも言われる・・・



本当にこの遺伝を恨んだ!!



私、おしゃれしないほうがいい

私、可愛くなれない

私、一生彼氏できない



人前で鏡が見れなくなった。。

鏡を見るたびに自分を嫌いになる。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。