心から"ブス" と思っていた私が、外見コンプレックスを克服して自分のことを好きになるまで話

1 / 9 ページ





私の最大のコンプレックスは、毛が濃いことだった。



10歳のとき、ブラジルから日本へ移住してきた私は、それまで自分の外見に疑問を持ったことが1度もなかったけど、



日本へ来て、クラスメイトからは「キモい」と言われ、隣の席に座ると椅子を離され、



廊下ですれちがう度に学年の男子から、いじられるようになり、黒板や机への落書きは日常茶飯事!



そして、中学校の入学式当日に、さっそく付けれたあだ名が



「つながり眉毛」と「モジャリーネ」だった・・・。w




本名が「カロリーネ」なので。w



(今だから思うけど、あらためて中学生のネーミングセンスには脱帽!)




わたしを長年苦しませたコンプレックスはここから始まった!




ブラジル人と日本人のハーフなので、毛が濃い。



特に私は、濃かった。。




おまけに、歯の矯正をしていて、メガネをかけていて、クセ毛。しかも太ってた・・・(中学生で身長151cm、57㎏・・・・)

みんなの読んで良かった!