① 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話「東京に出発」

1 / 3 ページ

後編: ② 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「パーティーでの出会い」


(これからどうやってこの子を育てて行こう…)

 神戸の小さなアパートで、すやすやと眠りについた5歳の息子の顔を見ながら、私は途方にくれていました。

 その時私は30歳。

 離婚して、奄美大島から故郷の神戸に帰ったばかり。

 幼い子供をかかえて、職なし金なしあてもなし。

 大ピンチの生活だったのです。

 他人から見れば、絶対絶命的、貧乏生活!

 故郷と言っても、親からは、

「あんたは親の反対を押し切って、勝手に結婚して勝手に離婚したんだから、あてにしないでくれ」 

 と突き放されていました。

 天涯孤独です…。

 小さい子供をかかえて、働くことも困難だし、お金も底をつきそう。

 

 これからどうやって生きていこう…。

 その時、ふっと思いついたのです。

 文章を書けば、お金になるかも知れない…。

 実は独身時代の20代の初め、私は大阪の繁華街の高い陸橋から酔っ払って転がり落ち、怪我をして自宅療養したのです。

 友人と飲んだ帰り、着ていたドレスの長い裾をヒールで踏んでしまったのでした。

 救急車で病院に運ばれて、3日間の入院生活。

 さいわい大きな怪我ではなかったのですが、退院後も一ヶ月は外に出られなかった。

 療養していた私は、

(小説を書いてみよう!)

 思い立ち、官能小説を一本書き上げたんです。

 なぜ官能小説にしたかといえば、なんとなく書けそう…な気がしたから。

 送ったところ即採用されて、翌々月には掲載された月刊誌が送られてきました。

「これからも送ってください」

 と手紙が添えられて。

 ところが、顔の怪我もすっかりなおると、小説のことなどすっかり忘れてしまった。

 日々の仕事や恋愛に、とても忙しかったから。

 旅行業界紙の記者をしていました。

 今も思うのですが、私がもし、仕事をばりばり続けていたら…経済的に困らない裕福な奥様だったとしたら…。

 絶対に小説を書かなかっただろう、と断言できる。

 しかし、その時、離婚して5歳の子供と小さなアパートで暮らし始めた私は、心底お金に困っていた。

 そこで

(小説を書いてみたらどうだろう! これなら家にいてもできる仕事だし)

 と思いついたのだ。

 6時半に夕飯を食べ、9時に子供を寝かせてから、夜中の12時過ぎまで原稿を書いた。

  2ヶ月間で、官能小説一本、官能告白手記一本、「石鹸にまつわる思い出」のお堅い懸賞論文を一本。

 祈るような気持ちで、郵便局から送った。

 結果、すべての原稿が採用され、原稿料が手に入ったのだ。

みんなの読んで良かった!