2015年12月 ばあちゃんの入院

1 / 2 ページ

前話: 2014年9月 帰省 果たして許すとは何か?
次話: 2016年4月4日 滞在リミット4時間で地元警察のお世話になる


2015年は10月に帰省した


今回初めてばあちゃんの死のイメージが自分の中に入って来た。

今までは「絶対先に死んで、ばあちゃんのことをじいちゃんと一緒に迎えに来る!」とずっと思っていた。

私が小さい時から狭心症のばあちゃんに

「10年でもの20年でもいいから私の寿命を分けて下さい」とお願いしてきたから大丈夫だと思っていた。

「ばあちゃんとはずっと永遠に一緒にいられる」と思っていたので、初めてイメージが入って来た時は、とても苦しくて混乱した。

じいちゃんのお墓詣りをしてからばあちゃんの家に行ったら、病気で10キロも痩せたそうだ。

ショックで抱きしめられなかった自分がとても情けない。自分の器の小ささを実感した。今は元気になって毎日どこかしらに遊びに出かけているらしい。

健康長寿の意味を持つブレスレットを購入して行ったのだが、ばあちゃんの腕にはキツくて、自分のブレスをその場で壊してビーズを置いて来た。

ちょうどばあちゃん家に行く前に天神山の神社で私のブレスを清めてから行ったのだ。それにこのブレスは普段から神田明神で清めている。きっとこの水晶なら、ばあちゃんのことをこれからも守ってくれるに違いない。



妹がブレスレットを作れるそうなので、妹にばあちゃんのブレスをお願いした。テグスはそんなにお金はかからないが

「お金が必要なら払うし、やりたくなかったら持ち帰ってお店の人にお願いするけどどうする?」と確認した。

「直す」と言った妹の言葉を信じてお願いした。


母親とも状況的に話をした「今は大分楽に生きれるようになった」と言っていた。

少なくとも自殺願望を抱えているようには見えなかった。

妹がボソッと両親に対する本音をぼやいた。

「こんなこど(震災)でもながったら、ずっとまどもな家さ住めながったべな。」

つまり「貧乏でボロい家から復興住宅と言うまともな家に住めるようになるよね」と言う意味だ。

(※来年、復興住宅に住む予定らしい。)

それを分かっている上で妹は親と一緒に住むようだ。言い方を変えれば断ち切ることのできない共依存の関係に抗えないでいる。これに関しては何度も考察したことだった。


私があの家を出た後で父親の暴力の矛先が妹に向いたのに妹も母親も「警察に電話をする」と言いつつも実行に移さなかった。妹は高校を出た後で自分の意志であの家を出ることができたはずだ。

(※一時期は他の県に住んでいたこともある)それをせずに親と同居していることについて、PTSD時の担当セラピストに話したことがある。

「妹さんはまだ親から愛情と言う名のミルクをもらえると無意識に思っているのですね。」と言われた。無意識の支配と服従。目には見えない強固な鎖。両親と妹は今も互いを不自由にし合っている。


一時期はそれに危機感を抱き、何とか両親から妹を救うことはできないかと色々思案した。

本家の叔母さんに「妹がまた虐待されるかも知れないので妹のことを守ってください」とお願いしたこともあった。

しかし私の懸念は届かなかった。

私よりも先に自分たちが両親に虐待を受けたと気づいた時の妹は、一体どこに消えてしまったのだろうか?


私は親と同居なんてできない。肉体的にも精神的にも死と直面するような環境に再び身を置くなんて、考えられない。きっとできないと思う方が健全なのだ。




2015年11月 2週間、毎晩同じ夢を見る



ばあちゃん家の茶の間に集まって、ばあちゃんと母親と妹と4人で話をしている夢を毎晩見るようになった。争うことなく普通に会話をしているので気にしないようにしていた。

しかし2週間も同じ夢を見るのは初めてだった。

そしてこの夢を見ている時期にどうしても「ばあちゃん家に帰りたい!帰らなければ!」と言う理屈を越えた焦燥感をずっと感じていた。そしてこの想いは日に日に大きくなって行った。

毎日ふとした瞬間に「大船渡に帰りたい」「もう千葉県には居られない」そんな思いに駆られるのだった。自分では全く意味が分からず理解できなかった。



ある日近所のスーパー前の横断歩道を渡ろうとした時、1台の車が青信号なのに横断歩道に突っ込みそうになった。私を含めた歩行者数人と、もう少しで接触しそうになった。

その瞬間「死ぬかもしれない」と心の底から恐怖を抱いた。


「2週間ばあちゃん家に居る夢を見続けたこと」

「大船渡に帰りたくて仕方ないこと」

「死にそうになる経験」…


理屈では説明できないのだが、「ばあちゃん家に帰りたい!」と切実に思った。










2015年12月12日 ばあちゃん入院7日目に帰省



12月にわざわざ寒い地元に帰るなんてどうかしている。それも夢とか感覚とか曖昧な理由で帰るのだ。本当にこれで良いだろうか?考えていることに自信がない。

「何もなかったら夕方に千葉に帰って来ればいいや」そう自分に言い聞かせた。それでもまだこの選択が正しいのか分からない。

「明日、朝4時に起きれたら帰省しよう」と自分に賭けをした。

ほとんど眠れず0時…1時…2時…3時…何度も何度も目覚ましを確認した。3時半には起きて始発に乗る準備をした。

12月の早朝を最寄り駅まで自転車を走らせた。

寒さよりも「やっと帰れる!」そんな気分の高揚感で夢中になり、暗がりの中ペダルを漕いだ。

盛駅に着いたのはお昼近くだった。寒過ぎてサンリアでラーメンを食べて温まってから行こうとしたらラーメンコーナーがなくなっていて、近くのガス屋さんで大判焼きを買って食べながらばあちゃん家に歩いて行った。

お姉さんが昼食を食べていた。(※母親の弟の奥さん。正しくは叔母になる)


「あれ?どうしたの?誰か何か言った?」

「いえ。何かあったんですか?誰にも何も聞いていませんが…」

「ばあちゃんが倒れて入院したんだよ」

「倒れたんですか?入院?!そうなんですか?」

私は今回の夢のことを話してみた。

「私もお兄さん(※母親の弟。正しくは叔父)が入院するちょっと前に不思議な夢を見だことがあったんだよ」と言っていた。

お姉さんは夢の話を疑うことなく聞いてくれた。そしてばあちゃんが入院して今日が7日目になると教えてくれた。サンリアでラーメンを食べそ損なったことを話すとその場でラーメンを作ってくれた。


お姉さんにばあちゃんの入院先に連れて行ってもらった。道すがら昔住んでいた家の場所を通ることになる。

「実は津波の後、元家を見たことがないんですよね。」

「多分その内、前に住んでだ家は壊されるこどになるよ。寄って行こうか?車を停めて降りでみようか?」

と提案してくれたのだが私はさほど興味がないように振る舞い、それを断った。


もしばあちゃんの家に行って何もなかった時は、帰りの時間まで一人で元家の場所に行ってみようと思っていた。

その光景を写真に収めたかった。両親が認める・認めないに関わらず虐待された家を撮影したかった。

自分が虐待を受けたことを裏付ける証拠を撮り、ここに書いている文書に信憑性を持たかった。

しかし、そんなことをお姉さんには伝えられないと思った。


なぜなら実際に現場を見ることで負の感情に襲われるかも知れないし、怒りが込み上げてくるかも知れないし、涙が込み上げてくるかも知れない。

その状況にお姉さんをつき合わせることはできない。

「大丈夫です。寄らなくていいです。気を遣ってくれてありがとうございます。」そう言うことが一番良いと思えた。



病室はマスクをつける必要があった。

私が行った時、ばあちゃんは途中まで私を母親だと思い込んで話していたと、お姉さんが教えてくれた。マスクを外して顔を見せると「居るはずがない」とビックリした様子で、咄嗟に上半身を起こして驚いていた!

「なんで、こごさいるんだべ?」

「夢を見て来たんだよ」

「夢?夢が?」

「ばあちゃん家に帰ってる夢を何回も何回も見たから来たんだよ」

倒れた時は自分の名前も分からなかったらしいのだが、ブレスレットの置き場所を聞くと

「テレビの下か、電話の下か、仏壇の隣の棚の中にそのまま(プレゼントした状態の紙袋のまま)入れている」とちゃんと答えていた。



お姉さんとちゃんと話したのは今年が初めてだった。ばあちゃんの旧姓も生年月日も知っていたので、ばあちゃんの数字を分析して、二人で見てたくさん笑い合った。

泊まるつもりはなかったのだが、ばあちゃんの家に泊まり、ばあちゃんのベッドで寝ることにした。夜も偶然あったらしいカキでカキフライを作ってくれた。私は毎冬必ずカキフライを食べる。カキはとても大好きだ。

「どうしていづも帰って来ないの?」とお姉さんに聞かれた。

言うかどうか迷ったけれど、お姉さんに嘘をつくのは失礼だと思った。

「昔、虐待を受けたりその後も色々ありまして…」と伝えた。

著者の小川 詩織さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。