昇段審査、天に任せた合格記

1 / 4 ページ

例えば 試験でいい成績を残すこと

例えば 昇段審査に合格すること

いわゆる審査員から高評価をいただくには、コツコツ努力してきたことを本番で発揮できるからこそ得られるものだとずっと思っていました。


3月に弓道の審査を受けたのですがいつもとはちょっと違う経験でしたので、ご紹介させていただきます。


私が弓道五段になったのは14年前。次のステップである錬士も機会がある毎に受審しておりました。昨年夏に7回目の不合格となったときはさすがに落ち込みましたがいい手応えもありましたので、一年後の合格を目指して技術だけでなくメンタルトレーニングも行ってきました。


錬士審査では1日に複数のテストを受けます。実技一次、筆記、面接そして実技二次の4つ。このうち重要なのは実技ですので、2本の矢を的に中てるために日々稽古を重ねます。


審査基規程にはこう記されています。

五段:射形、射術、体配が法に適い射品現れ、精錬の功 特に認められる者。

錬士:志操堅実にして弓道指導の実力を有し、且つ精錬の功 顕著なること。


弓道は矢を中てることを目的とはしていません。身体の動きに無駄がなく見た目も美しければ矢は自ずと的に中たると言われています。射には心の迷いやその人の性格もはっきり出てしまうので、道場以外の人間修行も気が抜けません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


クリスマス前に次の審査の申込みをしました。

場所は何度も稽古したことのある地元の道場。

日程は3ヶ月後。


審査の一週間前にフランスを出発。

技術的にも精神的にも万全で、福岡での稽古初日も満足できる射ができました。


が、その場にいらっしゃった先生方(六段〜八段、10人ほど)は気難しい顔でした。

「せっかくひと月も滞在するんだから、七日後の審査を目指すんじゃなくて、悪いところをとことん直しましょう。」


肩は鎖骨と肩甲骨とが繋がっていて鎖骨は胸骨ともつながっているけれど、それが感じられない。全てをもっと有効に使って、弓の力を最大限引き出して、矢を飛ばす。



頭ではわかっていても弓の抵抗力(約13kg)を受けながらですので身体はそう簡単に思い通りに動いてはくれません。的中率はどんどん落ちていき、あっという間にゼロになりました。引いている感触はそこまで悪くないのに、的の2m手前までしか飛ばなくなりました。矢が地面にガサッと落ちる音がするなんて錬士を受審するには論外のレベルです。


一週間の間、先生方のご指導を受けながらあらゆることを試しました。射形は少しずつ良くなっているのに矢は1本たりとも的まで飛んでくれませんでした。中らなくてもいいけれどせめて的の横には飛んで欲しい。審査のときにガサッなんて音はたてたくない!!!!


審査の前日には昔大会で培った姑息な手段を使ってみましたが、状況は全く変わりませんでした。30年弓道をやっていてここまで落ち込んだのは初めて。調子が悪いときも多々ありますが、かすかな希望まで見失ったことはありませんでした。なのにこの日はお先真っ暗。ここから逃げ出したい、道場が火事にならないかしらとまで思いながら21時過ぎまで練習しても解決方法は見つからず。万策尽きたことを認めざるを得ず、涙が止まりませんでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


審査当日。鉛のように重い足、泣き腫らした目で会場に行きました。五〜八段そして錬士の試験を約500人が受審します。


会場到着:朝7時すぎ

筆記試験:11〜12時

みんなの読んで良かった!