10代でうつ病になって悪い人に騙された話。

私は15歳の頃、精神的に不安定になった。

28歳となった今、何故あんなに精神不安定になったのか自己分析が出来るようになったが、あの頃は何が何だか分からず、不安で眠れなくて、泣いたり怒ったり暴れたりしていた。

自分が誰だか分からず、学校では集団の中にいると私という存在が埋もれて消えてしまいそうで怖くて、集団からはみ出てみたり、格好を派手にしたり、、性格的に不良にこそなれなかったが、かと言って不登校や引きこもりというタイプでもなく、学校にも行ったり行かなかったりと一番中途半端な形で必死に自己主張していた。

中学の卒業式はみんなが卒業することや友達と別れることで泣いていた中、私は情緒不安定でトイレにこもって泣いたりしていた。もう疲れ切っていた。

みんなの読んで良かった!