アイ・ハブ・$100事件

社会人になってから、海外留学をする前に英語はどれくらいしゃべれたんですか? とよく聞かれる事がある。




「全くしゃべれませんでしたよ!」




と月並みな回答をし、




「へぇ」




と月並みに返して頂くやり取りには慣れたものだ。 しかし、私の




「全くしゃべれませんでしたよ」




はそんな生半可なものでは無かった。 けっこう酷かったのではないかな。。と思うくらい全く話せなかった。


 




そうは言っても、普通の家庭では留学なんて出来ませんよ! やっぱり留学するくらいの家庭だから、それなりで、ある程度英語は留学前にも練習したんでしょ? という追い打ちの質問を抱かれるのは何ら不思議な事では無い。






事実、放浪の旅でも仕事でもなくて、私の様に勉強を生業とする公立高校への留学生で、あれ程無防備な英語力でカナダに上陸した日本人長期留学生はほぼ居なかった。


裕福な家庭やミドルクラスからの留学の場合、なんやかんやと、留学を見越して日本で事前にある程度、...




"kanata" と呼ばれた大地で

005号: アイ・ハブ・$100事件


著者のBN Murakamiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。