「児童虐待」は時代の変遷と共に淘汰される可能性を秘めている

1 / 3 ページ

前話: 「許すこと」についての再考察
次話: 写真家 長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がイタリアのダミーブックコンペで特別賞を受賞しました

世界保健機関の報告で「全ての大人の〇人に1人は子供の頃、体に虐待を受けた経験を持つこと」を、あなたは知っていましたか?


2017年2月1日

友達と東日本橋にある「わなびばKICHEN333」でランチをした時、くじ引きで当選した景品が可愛いお手玉だった。それを見た瞬間に「ばあちゃんにプレゼントしたい!」と思った。






2017年 春


「ばあちゃんに会いたい!」


仮にドラえもんの「どこでもドア」でばあちゃん家の前に着いたとしても、

ばあちゃんは今までと同じように「自分の家さも行がねぇどなぁ」と言うに違いない。

ばあちゃんにだけ会う方法があったら、それが1番楽で嬉しいのに…両親に会うのは義務感だ。ばあちゃんを心配させないための努力だ。



「私は本当に彼らを許したのだろうか?」


地元警察にお世話になったよしみで両親と会う時に警察に付き添ってもらうことは可能だろうか?

そうすれば互いに感情的にならず理性的な話し合いができるかも知れない。否、そんなことで警察の仕事を増やすのは迷惑だろう…行く前はそんなことばかりを考えていた。


帰省する数日前、IFFのTwitterにこのような記事が書かれていた。


母は死んだもの、今の母はその亡霊と思えるくらいがいい。実家で母に会ったら深々とお辞儀をしてご焼香の真似をしてから会話します。


なかなか面白いアイデアだと思う。虐待をしていた頃の過去の母親は既に死んでいる。今、目の前にいるのはその亡霊なのだ。死者に対して生きていた頃のことを話しても覚えていないかも知れない。そしてうちの場合は母親のみではなく父親と妹にも適用できる。

まるでアダムス・ファミリーじゃないか!!


※無料画像をお借りしています。

アダムス・ファミリーとはアメリカの漫画家チャールズ・アダムスの1コマ漫画です。後にアニメ・テレビドラマ・映画・ミュージカル化されています。


簡単に説明するとホラーコメディ!まさにうちの家族にピッタリ!


他にも考えさせられた言葉は


あなたの頭の中には「ふつうの人」と言う理想郷がある。「ふつうの人」「他人」対「自分」(不幸に生まれついた人)という対比を手放すことはできませんか?自分の価値を信じることは自分にしかできません。



つまり自分の中にある「ふつうの人」「ふつうの家族」「ふつうの親子」これらの理想が強いと、そこから外れていると感じることで、自分がいかに不幸かと思い更に自分を不幸にしてしまう。

「ふつう」という理想像を手放した時、例えば虐待をした自分の親の中にもふつうの面があるかも知れないと多角的な視野を持って相手を観察できる。それと同時に虐待をした親の子供である自分に対しても「ふつうに世の中に存在している人の中のひとり」だと客観性を持つことができる。



サバイバーズスターと言う児童虐待当事者可視化活動をされている方々のTwitterに世界保健機関の報告で

「すべての大人の4人に1人が子供のころに虐待を受けた経験を持つ」と述べられている。

国の違いにより数値のバラつきはあるだろうが、世界中の大人の4人に1人が虐待を受けた経験を持つと考えると、


私たち虐待を受けた者はマイノリティではない。むしろ多数派なのだ。


自分の家庭環境を恥じる必要はなく

まして自分の人生を悔んだり自己の存在を否定する必要は全くないのだ。




むしろ辛い過去を生き延びてきたあなたを心から誉めて欲しい。例え他人に言えなくても気づかれないとしても、自分だけは自分の最高の味方として心の底からあなたの人生を称賛して欲しい。


「これまでよく耐えて生き延びてきましたね。たくさんのことを我慢して生きてきましたね。」

「だからもう、あなたは苦しまなくていい。もっと自由に楽しく幸せに生きていいのです。」


大丈夫、あなたは決して独りじゃない!



虐待を受けたことのない方にも児童虐待はとても身近なことだと認識してもらえたはずだ。

例えばあなたが職場の同僚と4人でランチを食べたり、趣味の合う友達と4人でお茶をしたり…日常的にありふれたシチュエーションでその中の1人は子供の時に虐待を受けた経験を持つことになる。


私たち虐待を受けた者は社会の中に当たり前に存在しているのだ。




想像して欲しい。虐待を受けた者が本当に犯罪を犯す危険性が高いのであれば

世界中の大人の4人に1人は犯罪者となる。全世界の多くの国が犯罪大国となってしまう。


確かに犯罪を犯した人の中には虐待を受けた経験を持つ者もいるだろう。しかし虐待を受けていなくても犯罪を犯す者も存在するのだ。

当事者のあなたはもう偏見に怯える必要はないし



虐待を受けていないあなたは、相手のそのままの姿を普通に見て接して欲しい



そして今まさに児童虐待の当事者として自分の子供に手を上げている大人や、虐待を受けている多くの子供達の平和を願った時、我々多くの大人たちの心の中に解決への糸口が見えてくるのではないだろうか。






2017年5月3日

「今度地元に帰る時は、必ずお姉さんにだけはメールします」

そう約束をしたにも関わらず、誰にも連絡をせずに帰省した。帰省と言うよりは連休のスケジュールの一部に地元へ行くことを組み込んだのだ。

昨年ばあちゃんの家で聞いた話では昨年9月頃に彼らは復興住宅に引っ越したはずだった。私はその住所を知らない。夫と二人でじいちゃんのお墓参りをしてから、ばあちゃんの家に向かった。


ばあちゃんはお客さんと三人で話をしていた。兄ちゃんが奥の部屋で昼寝をしようとしていて、お姉さんは仕事だった。増上寺で買った線香を仏壇に供え八戸で買ったお菓子を出してから話していると

「家さは行っだが?」と言われ曖昧な感じで

「…帰りには行く」と言うと

「やっぱり自分の家さば行がねぇどなぁ」と1人のおばちゃんが言った。

みんな虐待のことは知らない。そう考えるとありふれた普通の会話なのだ。しばらくするとおばちゃん達は2人とも遠慮したように帰っていった。

高崎の富岡製糸場で買った絹のストールとシルクの石鹸と、

そして「わなびばKICHEN333」で貰った景品のお手玉をばあちゃんに渡した。

「これは、お手玉だよ。当たった景品なんだよ。ばあちゃんにあげたくて持ってきたんだよ。」

そう言うと嬉しそうにばあちゃんの顔がパっと華やいだ。

「しばらぐやっでねぇがら、でぎっかな?」

と言いつつも始めからお手玉を3つ手に取り、落とすことなく上手に遊び始めた。

「あ~でぎだ!できだ!」

とても嬉しそうな顔を見れて私も嬉しかった。

ばあちゃんが倒れて入院した時のことを思い出し少し泣きそうになった。こんなに元気になってくれて本当にありがたかった。



お姉さんが仕事から帰って来て復興住宅に行くようにとまた言われた。住所を知らないので教えてもらい道順を言われたが街並みを覚えておらず目印になるものや建物の特徴を言われても何一つ分からなかった。

「ナビに登録すればそのまま行けるから大丈夫です」そう言った時

「んだけど、ばあちゃんもあだらしい家になっでがらしばらぐ会ってねぇがら、一緒に行ぐがなぁ」と言い出した。身体は大丈夫なの?倒れた時みたいに急に具合が悪くなったらどうしよう?と心配だったが

「一緒に行ぐがら乗せでってけろ。」と楽しそうに笑って言った。

「じゃあ、ばあちゃんと一緒に行ってきて。ばあちゃんをお願いね」お姉さんもそう言って送り出してくれた。


助手席に乗るように言ったのだが後部座席に乗ると言うので、ばあちゃんに後部座席に乗ってもらい復興住宅に3人で向かった。ちゃんと道を覚えていてナビがなくても大丈夫なように道案内をしてくれた。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。