「児童虐待」は時代の変遷と共に淘汰される可能性を秘めている

1 / 9 ページ

前編: 「許すこと」についての再考察
後編: 写真家 長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がイタリアのダミーブックコンペで特別賞を受賞しました

世界保健機関の報告で「全ての大人の〇人に1人は子供の頃、体に虐待を受けた経験を持つこと」を、あなたは知っていましたか?


2017年2月1日

友達と東日本橋にある「わなびばKICHEN333」でランチをした時、くじ引きで当選した景品が可愛いお手玉だった。それを見た瞬間に「ばあちゃんにプレゼントしたい!」と思った。






2017年 春


「ばあちゃんに会いたい!」


仮にドラえもんの「どこでもドア」でばあちゃん家の前に着いたとしても、

ばあちゃんは今までと同じように「自分の家さも行がねぇどなぁ」と言うに違いない。

ばあちゃんにだけ会う方法があったら、それが1番楽で嬉しいのに…両親に会うのは義務感だ。ばあちゃんを心配させないための努力だ。



「私は本当に彼らを許したのだろうか?」


地元警察にお世話になったよしみで両親と会う時に警察に付き添ってもらうことは可能だろうか?

そうすれば互いに感情的にならず理性的な話し合いができるかも知れない。否、そんなことで警察の仕事を増やすのは迷惑だろう…行く前はそんなことばかりを考えていた。


帰省する数日前、IFFのTwitterにこのような記事が書かれていた。


母は死んだもの、今の母はその亡霊と思えるくらいがいい。実家で母に会ったら深々とお辞儀をしてご焼香の真似をしてから会話します。


なかなか面白いアイデアだと思う。虐待をしていた頃の過去の母親は既に死んでいる。今、目の前にいるのはその亡霊なのだ。死者に対して生きていた頃のことを話しても覚えていないかも知れない。そしてうちの場合は母親のみではなく父親と妹にも適用できる。

まるでアダムス・ファミリーじゃないか!!


※無料画像をお借りしています。

アダムス・ファミリーとはアメリカの漫画家チャールズ・アダムスの1コマ漫画です。後にアニメ・テレビドラマ・映画・ミュージカル化されています。


簡単に説明するとホラーコメディ!まさにうちの家族にピッタリ!


他にも考えさせられた言葉は


あなたの頭の中には「ふつうの人」と言う理想郷がある。「ふつうの人」「他人」対「自分」(不幸に生まれついた人)という対比を手放すことはできませんか?自分の価値を信じることは自分にしかできません。



つまり自分の中にある「ふつうの人」「ふつうの家族」「ふつうの親子」これらの理想が強いと、そこから外れていると感じることで、自分がいかに不幸かと思い更に自分を不幸にしてしまう。

みんなの読んで良かった!