商社マンだった僕が、アドラー心理学に基づいたコーチングを始めたわけ

1 / 4 ページ

 

「・・・・・・・・」

 

 

 

沈黙、

 

重い空気、

 

少し効きすぎているエアコンの風、

 

 

 

 

「・・・・・・・・」

 

 

 

ポツ、ポツ、と車の屋根をたたく雨音、

 

軽く握ったこぶしに、じんわり感じる汗、

 

顔を上げられず、何となく落とした視線の先にみえる車のダッシュボード、

 

 

 

「コンコン」、  

 

「コンコン」、

 

再び、助手席にいる僕の横から、窓をノックする音が響く

 

でも僕はそっちを向くことが、どうしてもできない・・・・

 

 

 

「コンコン」、  

 

「コンコン」、

 

いったいこんなにも長くて、重い時間を過ごすのは何回目だろうか?

 

いや、時間にするとせいぜい1分か、そこらなんだと思う。

 

だけど、本当に、本当に長く感じる・・

 

 

 

ようやく意を決して、窓の外に目を向けると、

そこには、雨に濡れた小学生くらいの物売りの少女が立っていた。

 

彼女が片手に抱いている、はだかの赤ん坊は弟だろうか?

もう片方の手には、ちょっとした土産品みたいなものをぶら下げている。

 

 

ここはマニラ市街へと向かう大きな道路。それまではそれなりに順調に走っていたが街に近づくにつれ、車が混んでくる。

車が列をなして止まると、どこからともなく、彼女たちのような子供たちがたくさん出てきた。

担当が決まっているかのように、それぞれの子供たちが、車の窓をノックしたり、窓ガラスを拭いたりし始める。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。