うつだっていいじゃない!【其の二十】~学校編・休息~

1 / 2 ページ

前編: うつだっていいじゃない!【其の十九】~学校編・Webページ制作~

【フェードアウト危機一髪】


ある日の朝。それは唐突にやってきた。



「やはり来てしまったか…」



目は覚めていても体は自由に動かないし目も開けない。



心身ともに落ち着かずベッドの中で寝返りを繰り返すだけ。



そして過呼吸に襲われ…



とうとうここまで皆勤賞だった学校を欠席せざるを得なくなった。



この状態に陥ってしまうと、そのままフェードアウトしてしまうかもしれない。



悲観的な考えが頭をよぎった。



そのまま数日が経過。



家の中でそれなりに動けるようになってからは、PCを前にわずかながらも復習作業をしていた記憶はある。



まだどこかで学校へ行こうという執着心が残っていたのだろう。




相変わらず万全とは言えない朝。



しかし、意を決して無理やりベッドを這い出た朝。



苦しみながらも電車に乗り込んだ朝。

みんなの読んで良かった!