初めての海外旅行9

2017/5/14マチュピチュ村からバスへ乗り込みましたがーーー。乗り合いの為、最後らへんに乗り込んだ、たっちゃんと俺。席は離れます。マイクロバスは、山道をどんどん進んで行くんですがー、それに合わせて、空の雲がどんどん増える。ありゃ、雨だー。。カッパの準備。マチュピチュ山を登る為に、上・下が揃ったカッパを持ってきましたよー。とりあえず、上を着て、バス到着後に、ひさしのある場所へダーッシュ!!みんな考えることは一緒で。人、人、人。とりあえずカッパの下を履いて、たっちゃん探し!!すると、遺跡入り口付近で発見。2人でゲートから入場。知ってましたか?マチュピチュの山、、マチュピチュ山とワイナピチュ。2つとも、入山規制があるんです。入る時間が決まっててー。実は、、。たっちゃんと俺。8時の入山予約してたんですがー、、遺跡入り口に着いたのが、7時55分。はい!走りました!早歩き?いや、ランニングです。標高2400メートル。ランニング。息切れ半端ない。8時05分にマチュピチュ山の登山口に到着。予約の紙とパスポートを見せると、ここに名前と時間を書いてーと入山ノートを指さされる。時間のところでたっちゃんが止まると、ゲートの女性が、8時と。英語で、言われたので、8時と記入。で、次は俺。パスポートをみせて、記入です。さぁー登山開始!!登り始めて15分、石段だけど、段差や幅がまばらで、結構大変ー。すると前から先に登頂された方が、降りて来られる。その時、オッラーやハーイと挨拶。すると、入り口までどれ位?と話しかけられる。15分位。フィフティー。と答える。gracias、thank you、と返答があって、また登ると、下山してくる人に出会い、どれ位かお互いに確認する。その繰り返し、、。どんどん道は険しく、手足の痺れが、、。限界を感じ、たっちゃんに、先に登ってー。後から行くからー。と言うと。井手さん、ここまで来て登頂しないんですか、一緒に登りましょう、俺も手足の痺れあるけど登頂したいから、と言われ。はじめの頃よりペースは格段に落ちたが、一歩一歩。登頂に向けて登りました。途中、雲が晴れマチュピチュ遺跡が綺麗に見えました!が頂上に近くなるとまた雲が、、。登頂したのですが、、。雲で全く見えませんでした。幻想的な遺跡を道中で観れた事、登頂出来たことが、今回、登る理由だとよくわかりました!!


著者の井手 悠さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。