私が今死んでない理由

1 / 5 ページ

後編: オジサンがこだわった理由

虐待、施設育ち、家出、援交、風俗、身元不明者、借金

私の生きてきた足跡はぐちゃぐちゃだ。

私は両親から手を離され施設で育ち、途中から親の元へ帰るも高校を中退し家出をした。


そんな私が出会った人はもう二度と会えない、私のあしながおじさん。


十五歳で家を飛び出した私は友人から教えてもらい、身体を使ってお金を稼ぐ方法を知った。

後先の事は考えてなかった、ただなんとなく何もかもが嫌で。


オジサン
腹、減ってねーか?


あの日、真夏の夕暮れ時にそう言ってオジサンは公園のベンチに座る私に声を掛けてきた。身体を売る事が当たり前になっていた私は当然そのオジサンも体目的だろうと思い、家までついていった。公園から二分と少しで到着したそこには少し家賃が高そうなマンションがあった。中に入って行きながらオジサンは声を掛けてきた。


オジサン
食べ物何が好きだ?作ってやる!


咄嗟に、「ハヤシライス」と答えてしまった。

だけどオジサンは嬉しそうに「わかった」と言い本当にハヤシライスを作ってくれた。そのハヤシライスはとてもおいしかった。


手作りの物など、施設を出てから食べる事がなかったから暖かく感じた。オジサンは食べている私を見ながら「もっと食え。もっと食って布団で寝ろ!」と言っていた。


私とオジサンの妙な関係はその日から始まった。


オジサンは料理を振る舞いそして私が外に出ていくのを見送り、オジサンが仕事に行く頃私はオジサン宅に戻る。それからフカフカの布団で眠るのだ。


オジサンは何も求めない。見返りなどない。与え続けてくれる、そんな人だった。


数ヶ月しない内にオジサンは合鍵をくれた。

誰も信じてくれないような話だ。そんなオジサンの存在のことなんて。けれど確かにおじさんは存在していて、本当の父のように私の面倒見てくれた。


私は親の元から逃れる為、家出してすぐ短期間転がり込んだ男の家に住所を置いていたが、本人受け取りの郵便物を長きに渡り受け取らずにいた事から身元不明者になっていた。その話をするとオジサンは快く住所を置いていい。と言ってくれた。

オジサン
なんでもいいからアルバイトしてみろ!


オジサンにそう言われ人生初のアルバイトをした。コンビニでの仕事は今までと在りえない程低賃金で、一時間に万稼いでた私には時にバカらしく感じる事もあった。けれど私が「疲れた。頑張った~」と言うとオジサンはいつも褒めてくれた。それが嬉しくて、褒められたくてアルバイトを続けた。


オジサンは私の生い立ちや家出している理由を聞いてくる事はなかった。


それが心地よかった。言わなくとも私が未成年である事はきっと分かっていただろうし家出している事も気づいていたと思う。オジサンと出会うまで身体を売っていた事も当然分かっていたはずだ。


オジサンと生活を初めて2年近く経った頃、私は18歳になっていた。考えていなかったわけではないがその時は急にきた。オジサンは定年になり自分の生まれ育った故郷に帰る事になったのだ。


目の前が真っ白になった。また一人になる事や、家がなくなる恐怖に押しつぶされそうだった。


私も家に帰るから。心配しなくていいよ!今までありがとう。

みんなの読んで良かった!