32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

1 / 6 ページ

ごあいさつ


 どうもはじめまして、ものかきの狭井悠(Sai Haruka)です。



 以前、STORYS.JPで村田悠(Murata Haruka)という名前でエッセイを書かせていただきました。


 母の再婚した義理の父が事故死した当時のことをつづったエッセイ《突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。》が多くのアクセスをいただき、とても勇気付けられました。


 こちらのエッセイは、STORYS.JPさんの推薦でYahoo!ニュースにも転載していただきました。


 多くの人に、自分の言葉や、家族がのこしたものや、人生についての想いを伝えることができたことは、ほんとうにありがたいことだと思っています。


 エッセイの執筆から早いもので半年ほどが経ち、僕も32歳から33歳になりました。


 状況もずいぶん変わってきたので、今の僕の生き方について、このタイミングで書き残しておきたいと思います。


義理の父の死という出来事。これまでの人生観の転機。



 母が再婚した義理の父の交通事故死から、一年半ほどの時間が経ちました。


 当時の詳しい状況は、《突然の望まない「さよなら」から、あなたを守ることができるように。》にまとめていますので、ぜひともご一読ください。


 人の死というものは、何か重要な気づきを僕たちに残していきます。


 自然の中で死んだものの身体が土に還り、まわりの環境に養分を与え、別の生命が芽生えていくように、義理の父もまた、死によって少なからず何かを残していってくれました。


 僕は、義理の父の死によって、「人生で積み重ねることのできるあらゆるものは、一瞬にして失われてしまう脆いものである」ということを知りました。


 つまり、「死ねば終わり」、なのです。


 どれだけ誰かを愛したとしても、どれだけ何かを意識的に残したとしても、死ねばそれらには、触れることも、語ることも、愛でることもできなくなります。


 そして残されるのは、その人が語ったいくつかの言葉や、身近な人に施したいくつかの行動や、ひとの記憶の中に残る影法師のような姿だけ。


 もちろん、お金や家といった財産のような目に見えるものも残ります。しかし、それらは生活していくうえでの単なるツールであって、その人の存在や、想いを直接的に代弁してくれるものではありません。


 これは語弊があるかもしれませんが、皆が思っているほどに、人は人生の後に何かを残すことなどはできないのです。人の記憶の中にだけ、いくつかの人生のかけらが残るくらいなのです。


みんなの読んで良かった!