Google の検索結果(京都大学の英語 添削)

1 / 4 ページ


   みなさんは、どうやって仕事を見つけましたか?私は、1983年にアメリカから帰国するときは、意気揚々としていて

「名大卒の学歴とアメリカ暮らしで予備校が雇ってくれるだろう」

 と信じていました。まさか、名古屋の予備校、塾、専門学校に送った7つの履歴書がすべて無視されるなんて思っていませんでした。26歳で失業し、貯金なし、資格なしのプータローになってしまったんです。

 とりあえず、近所の小さなアパートの一室を借りて塾を始めました。

  1986年、30歳のときに英語検定1級に合格したのだけれど、印税で食っていくのが私の夢なので、「合格体験記」みたいなものを書かせてもらえないか東京の出版社に企画をいくつか送ってみました。もちろん、全てガン無視。

 世の中には、10代で英検1級に合格するようなピカピカの人たちもいるわけだから、30歳のおじさんの妄想につきあってくれる人などいるわけない。

 50代で京都大学を受けているときも、「エール出版」のような合格体験記をメインに出版しているところに手紙を書いたみたけれど、すべて返事はありませんでした。私の経験談など知りたい人など、いないんです。

 私の尊敬する坂本龍馬は30代で亡くなりましたが、自分がその年齢を越えてゆくとき

「自分はダメだなぁ。何もできない」

 と、悲嘆に暮れました。でも、娘たちがいるわけで悲しんでいる余裕はありませんでした。

  そのころ、ネットが普及しだしてブログを書く人や、Youtube も一般の人が投稿し始めていたんです。そこしか、自分の研究成果を発表する場がなかったので、ひっそりとブログを書き始めました。

 最初は、もちろん、誰もブログを訪問してくれませんでした。そのうち、1人か2人だけ読んでくれる人が現れました。それが普通なんだろうけど、残念無念でした。それで、Youtube やフェイスブックやホームページを連携させて3年ほど過ぎました。

 ブログは浮気をして、あちこちやってみましたが訪問者の多いアメブロに絞り、

Youtube の動画も「京大受験」「英検1級」「ジャッキー・チェンの前で拳法」など、検索にひっかかりやすいビッグ・ネームに便乗しようとしました。

 そうこうしているうちに、アメブロの「受験生」ランキングで1位となり、Youtube の動画の再生回数が合計で45万回を越えていきました。塾生の子が

「京大受験なんてマイナーなテーマで何万回数というのはスゴイですよ」

 と言ってました。ネットに詳しい理系男子だったので、信憑性が感じられ、嬉しかったですね。

 先週、Googleで「京都大学の英語 添削」で検索したら、1ページ目の10項目のうち、5項目くらいが私に関するもので、ビックリ。


(1)、塾のホームページ

(2)、Youtube 動画(京大二次の採点基準)

みんなの読んで良かった!