ブラック研究室と就活③

前編: ブラック研究室と就活②

研究室選びはなんのために大学に来たか考えて選ぶべき

以上がうちの研究室日々の日常です。


他にも沢山ありますが、あまり正直に書くとちょっと身バレがね(笑)。


因みに私は工学部に所属していますけど、研究なんて全くやる気無いし就活のために大学に来たタイプです。


知恵袋や2chだと偉そうに「じゃあやめろ」とか「大学は研究機関」とか書く人いますけど、実際はそんな人は1握りです。(特に地方の大学だと)


大学は就職するためできてるっていう理由は間違ってないのです。


何が言いたいかといえば、よほど研究がしたいとかそういう気持ちがない限り、就活がしやすい研究室をえらんだほうがいいです。


もし成績とかが理由で選択出来ないようであれば、総合事務とか学科事務に相談することは大切です。意外と融通聞きますから。

みんなの読んで良かった!