東大生のリアルすぎる就活日記【第一話】

1 / 3 ページ

まえがき

地方から出てきて大学に入ってサークル、バイトそれなりに楽しくやっていた僕。そんな僕の前に突然得体の知れない怪物が立ちはだかった。この得体の知れない怪物に一年もの間、悩まされ続けるなんて当時の僕には知る由もなかった。


僕の体験記

2016年6月1日。僕は東京大学に通う三年生。友達が行くというのでなんとなくインターンシップ合同説明会たるものにきてしまった。この時の僕はこれが長い就活というトンネルの入り口になるだなんて思ってもみなかった。


僕は開場時間よりも少し早くついた。一方友達は僕を誘って癖に寝坊して遅れてくるらしい。


早くきた人は入り口の前で待機させられていた。周囲を見ると僕も含めてみんな黒のスーツに身を包んでカバンも四角い黒のバッグを持ち綺麗に整列していた。鈍感な僕でもこの光景は異様に思えた。


これが世に言う就活なのか・・・



開場と同時に人が流れ込む。各ブースにいる企業の人も大声を張り上げている。会場の地図は事前にもらっていてある程度目星をつけていたつもりだったけど会場内は騒然としていて右も左もわからなかった。


歩いているだけでキレイな女性社員の人やパリッとした若手イケメン社員の人に声をかけられる。よく知らない会社でもこれだけ熱烈に声をかけられると根性がひん曲がった僕でも嬉しくなる。


この感じ何かに似てるなあ、と思った。


そう、大学生ならみんな経験しているはずの新歓活動そっくりなのだ。


とりあえず、話聞いていかない?とりあえずここに座って!


2年ほど前に受けた新歓活動のノリと一緒だ。




僕は2年前の新歓でキレイなテニサーのお姉さんの話を聞きたかったのに全く興味のない応援部やラクロス部のブースで体育会系のマッチョなお兄さんにすごく熱いお話をされてリアクションに困ったのを思い出した。




そんな風に戸惑いながらも僕は最初に外資系のコンサルティング会社のブースに行き席に着いた。なぜ外資系の戦略コンサルティング会社にだったかというと、横文字が並んでで強そうだったのと、戦略とかコンサルティングというのがカッコよさそうだったからというだけだ。コンサルティングとは何かなんてちっともわかっていなかったが社員の人もイケメンだし何だかすごい会社のような気がして説明を聞くのを心待ちにしていた。


周りを見ると最初は席にも空きがあったのだが、説明が始まる前に後ろを振り返ると何と立ち見の学生であふれかえっていた。全身黒ずくめの集団が揃ってモゾモゾ動いているのはたまに挙動不審になる僕から見ても気持ちのいいものではなかった。


説明ではイケメンの若手社員が丁寧に説明してくれたのだが、とりあえず社員はエリートっぽくてすげーということと世界的に有名な会社らしいというのはわかった。

また会社に入るにはインターンをとりあえず申し込めばいいらしい。説明が終わると、英語は必要なんですか?インターンの選考はどのように行われるんですか?などの質問が飛び皆持参した手帳に質疑応答の内容を書き込んでいた。

僕はというと手帳とかは用意していないものの流石に何にも書かずにぽけーっとしてるのもマズいと思ってカバンに入っていた汚いルーズリーフに汚い字でメモを描きこんでいた。



質疑応答が終わるとそこで解散となり、次の企業ブースを探す。色々な企業がブースを出しているが混んでいるブースと空いているブースは意外にもはっきりしていた。


混んでいるのは大体、大手通信会社や銀行、メーカーなど一度は名前を聞いたことがあるような有名企業だった。僕も御多分にもれずCMなどで聞いたことがある企業をあくせくと回っていた。説明の内容はどこも大体会社についての紹介とインターンシップの内容についてだった。ある会社のインターンシップではどうやら新規事業の立案を経験できるらしい。

みんなの読んで良かった!