おばあちゃんと孫

私の前をおばあちゃんと、その孫が歩いていた。

おばあちゃんはリュックを背負っており、孫が「おばあちゃん、そのリュック重そうだね。僕が背負ってあげるよ」と言って、リュックを背負ってあげた。

おばあちゃんは、とても嬉しかったようで「ありがとうね、あんたは優しいね。お礼におんぶしてあげるね」と言って、リュックを背負った孫をおんぶした。

結果、おばあちゃんにかかる重量は、最初より孫の体重が加算されたわけだが、おばあちゃんの足取りは軽やかだった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。