入院騒動から、トラウマに陥った日々

  入院騒動からトラウマに陥った日々


  私は大学入試の5日前に、自分の部屋で数学を勉強していたら、突然手足が痙攣し始めてイスからずり落ちた。そして、そのまま近所の病院に担ぎ込まれて入院させられた。病名は「勉強しすぎのノイローゼ」。

  It was 5 days before the entrance exam to the University of Nagoya.  When I was studying in my room, suddenly my hands and legs started trembling.  Then  slipped down from the chair.  My father took me to the nearest hospital and I was hospitalized.  The doctor said it was neurosis caused by too much studying.

  そのため、私は

「こんなに勉強しても数学が身につかない」

 と、深い絶望に陥ってトラウマになってしまった。それから、数学には手を出さずに英語講師として生きてきた。

  So I believed that it was almost impossible for me to master math.  This got me down and it became trauma.  I've stayed away from math for a long time since then and worked as an English teacher.

 ところが、But

 昨日、高校の数学の指導をしていたら、生徒が先日の模試の結果を持ってきて

「数学は9番でした」

 と言った。私は

「スゴイじゃん。頑張ったね」

 と、講師らしいセリフを吐いていたが、本当は深い感慨に襲われていたんだね。それは、四日市高校の9番というと東大や京大を受験する子のレベルだからなんだよ。

  Yesterday when I was teaching math, a boy said showing the result of a trial exam

“I was No.9 in math test in my school.”

 I said

“Wow! That's great!”

 At that time, I was overcome by deep emotion because such number tells us that he is good enough to take te entrance exama to the University of Kyoto.

 私はアメリカから帰国したとき、

「会話に不自由しないのだから、英検1級など軽いのでは」

 と思い、受けてみたんです。落ちました。それで、

「やっぱり、英検の1級なんて自分には無理なのかなぁ」

 と、ガッカリした。それで、30歳になって合格したとき、

「これは、現実か?ボクの英語って、そんなレベルなの?」

 と、ビックリしたことを覚えている。

   When I came home from the U.S.A., I though

“I can speak English.  It must be easy to pass the 1st grade of Step test”

  However it was wrong.   I failed in it and it got me down. 

  When I passed it at the age of 30,

“Wow!  Is this real?”

  それで、京大の二次試験を受けて成績開示をしたら、正解率が8割を越えていて、

「これは、京大医学部の合格レベルではないか」

 と自分の英語力を知り、高校時代のトラウマを思い出した次第だ。

 絶対に追いつけないと絶望していた、四日市高校の1番のレベルにたどり着いていることに本当に驚いた。喜びではなかった気がする。

  When I was in my early fifties, I sat for the entrance exam to the University of Kyoto with high school students.  This changed my viewpoint of life.  The feeling that I reached the top level of Yokkaichi High School was strange.  Not pleasure but amazing.

 数学についても、50代のときに京大二次を受けて7割の正解率を確認したので、指導が大丈夫だと確認していたけれど、本当に四日市高校のトップクラスの子たちを指導するのに問題がないことを実感すると、感慨にふけってしまうんだよ。

  In the case of math,, I made sure that my level was over the border to pass the entrance exam to the University of Kyoto, taking the exam with senior high school students at the age of 50.

  どうやって英語や数学を身につけたか興味がある方は、下にあるエッセイをご覧ください。

  If you are interested in  how I mastered English and math, check the site below. 

  それにしても、高校生クラスの半数が四日市高校の生徒で、その生徒の方たちは四日市高校でも本当に上位にいて驚いてしまう。私なんかより、はるかに才能があるんですよ。

  Every single teacher wants to teach good students as I have.  My students are so smart.  They are much more talented than I am.

  高校時代に、

「自分の人生の中で英語ペラペラ、数式スラスラなんてありそうにないなぁ」

 と思っていたのが、ウソみたい。もし、才能のある塾生の子たちから求められなかったら、生徒たちの喜ぶ顔がなかったら、私は勉強を続けられなかったと思う。

とても、感謝しているのですよ。

 I believed that it was impossible for me to master English and math in my life when I was young.  Now I know it is possible.  Without good students in my schoo, I could not keep studying.  Thank you, good boys and girls.

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。