19歳で初めての就職先が海外だった?!しかもそこは日本人が全くいなかった秘境の地だった話

1 / 7 ページ

なぜ私が19歳で海外に就職しようと思ったのか?


まずはそこからお伝えしましょう^ ^




私は16歳の時、高校の交換留学制度を使ってタイに1年間留学しました。

その経験が、タイが大好きになるきっかけになったんです!



1年の留学が終わっても、私のタイ語はまだまだ日常会話程度。


もっともっと上達させたいなと思いつつ、英語が全く話せなかった私は、高校卒業後、英語の専門学校へ進学する。




1年間の専門学校だったため、卒業後は留学へ進む人、社会人へと進む人とみんなそれぞれの選択でした。



私は卒業したら、好きな事をしながらお金を貯めて、アメリカにでも留学しようかなと考えていた卒業目前。




せりーな!(専門時代はニックネームが付いていた。私のイングリッシュネーム。)



ある日先生に呼び止められた。




とあるホテル関係の人から、今フィリピンとタイのホテルでスタッフを探しているとの事。



せりーなはタイ語が話せるし、お客さんも外国人が多いみたいだから両方の語学のスキルアップになるんじゃないかな?

そう言われた。




え、そんな事思ってもみなかったよ~。



「先生、とりあえず考えてみますね!」

そう言ってあまり深く考えなかった。




その事をお母さんに話したら、


「その機会とっても良いじゃない!

面接だけ受けてみたら?」


と軽い気持ちで言われた。




その頃の私は卒業目前で、卒業論文スピーチに追われていた…

論文発表を全て暗記して、しかも英語でしなければならないからかなり辛い…


パワポやBGM、照明などの演出は全て自分プロデュースなのです。



今思えばこれが1年に2回もあったなんて、良く全てこなせたよなって思います。笑





そんなめちゃめちゃ忙しい中、


「とりあえず面接受けてみなよ~」


というお母さんの軽い言葉に乗せられ、面接を受けることに。




いよいよ面接の日。



面接は某ホテルのカフェで行われ、現地ホテルのタイ人男性、セールス&マーケティング部長とそのホテルのマーケティングコンサルを日本で行なっている日本人男性と3人でした。




さすがタイ?なのか、

面接で緊張してるのに、ホットコーヒーとショートケーキを頼んでくれた。



…………………。



あの~…緊張してるし、マナーもあるからケーキもコーヒーも食べれないし、飲めないんですけど。汗



結局ホットコーヒーはぬるくなり、

ショートケーキも若干カピカピになってしまったが、最後に美味しく頂きました。笑




この2人は私のことを気に入ってくれたけど、最終的に私を採用するかどうかはオーナーが決めるので返事を待つことに………と思っていた矢先。




はい、今日は遠くまで出て来てもらってありがとう。

これ、帰りの片道新幹線代出してあげるね。


因みに採用決定だから、4月から宜しくね!





!!!!!!!!!!( ゚д゚)




え、答えだすの早くないっ?!

ってか採用されたのも嬉しいけど、

おまけに新幹線代貰えたのめっちゃ嬉かった!わーい!笑笑




実はこの日は専門学校がある鹿児島から、バスで福岡まで出て来てたんです。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。