30歳2児パパが全国に笑顔を届けるイベント起業家物語【第1話】

1 / 2 ページ

-心の豊かな日本人がいい-

もっと日本人がイキイキ・ワクワク暮らせる社会は作れないのだろうか?


初めまして。こんにちは!

30歳を目前に2児のパパで会社を辞めて独立の道に進むことを決めたイベント起業家えいきです!

私は去年の2015年4月、社会人8年目に会社員生活にピリオドを打った。


北海道札幌出身で大学まで札幌で過ごし、就職で東京に出てきて、電車の乗り換えも全く分からないまま東京に出てきて早8年。

いろんなことが起きました。


会社を辞めた。

会社に入って

また会社に入って

会社を辞めて

そんなのを3回くらい繰り返してきたある日、社会人6年目にしてふとこんなことを思うようになった。






なぜみんな苦しそうに仕事しているんだろうか??

はっきり言って仕事は楽なことではないし、甘くないのはわかっている。
それでもなぜこんなにも辛そうに、感情を押し殺し我慢しながら仕事をしているのだろうかふと疑問に思った


普通といえば普通。

仕事は大変だから当たり前といえば当たり前。



仕事以外で楽しい時間を過ごしたらいいのだろう。


仕事の時間さえ我慢してきたらいいのだろう。



でも私にはできなかった。


私には耐えられなかった。




楽しい環境が大好きで、おチャラけるのが得意な私にとっては「我慢」という言葉は無縁であった。

みんなの読んで良かった!